目標を見誤らないこと

今日、校長先生に呼び止められ、少しお話しをしました。
とても良い校長先生なんですよ。
でも、やはり、どうしても思いがすれ違うことってあるんだなあ、と痛感。

運動会が終わったばかりですが、次のステップ、チャレンジについての打診でした。

先生の言葉の中で、
「時には心を鬼にして…」
とか、
「お母さんがいると泣いてしまうけど、帰ったら元気にしている。うちの子も(校長先生のお子さん)も、幼稚園の時に1年泣いていた。泣いた子を残していくのは苦しかったけど、母親がいなくなればその場所で適応する力を子どもは持っている」
などがひっかかったかなー。

幼稚園で1年泣くのと、小学校2年生でも泣くのとは大きく違うし。
うちは保育園で3年間泣いていて、ずっと保育園の先生の「お母さんがいなくなったら大丈夫」という言葉を信じて引き離してきたけど、うちはレアケースだったわけで。
今更そこかあ…と、少しがっかりしてしまいました。

急な話しだったのでちゃんと伝えられなかったかもしれないけど、心を鬼にするのはもうやめました(それで失敗したんだし)と伝えました。
で、やはり3歳で入園して1年泣くのと、今泣くのは意味が違うと思う、ということはお伝えしました。

運動会も終わって、ある程度がんばったらすぐ次を求められるんだなあ。

目標を、例えば1時間目から皆と同じように週5日通えること、などに設定してしまって次々にステップアップすると、本質が見えなくなるな、と感じました。

6年生までの目標を設定するとすれば、(多少のストレス、負荷は当然あるとして)、限界をこえる無理をさせないこと、学校の中で楽しみや居場所を見つけること、でないといけないでしょう。

結果、成長とともに皆と同じ時間行けるかもしれないし、逆に行ける時間が減ることもあるかもしれない。
それでも、学校の中で楽しみと居場所が見つかったのなら、過ごす時間は問題ではないよね。ステップアップばかりに目を向けることもなくなるだろうし。

モヤモヤしたので自分の気持ちを整理してみました。
また改めて先生にもお伝えできればと思います。
[PR]
by taitai-nikki | 2014-06-02 14:26 | 2年生


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

ライフログ





その他のジャンル

画像一覧