<   2013年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

宇宙人ブーム到来

息子にはマイブームがありまして…。
いろいろと移り変わりますが、最近観察してみると、小さい頃のブームが再び来るパターンですね。

年少の頃に宇宙と人体の不思議にハマり
年中の頃に恐竜、海の生き物にハマり
年長の頃に怪獣、再び恐竜にハマり

一貫して海の生き物にはゆるくハマっていますが、その他のものはガーッとハマります。
今は恐竜が長く続くブームで、それに関連して化石、地層なども好きですが。

ここ最近、また宇宙ブームがじわじわ来ているようでした。

突然何かを思い出して、何の脈絡もなく、
「エリスってなんだっけ?冥王星の衛生だっけ?」
と聞いてきて、
まあ私は分からないのでその後一緒に調べまして(エリスは準惑星らしいです)
そこから宇宙スイッチが入って年少の時に読んでいた図鑑を取り出して読みふけっていたのですが。

何からどうなったのか、今夢中になっているのが

宇宙人!!!

なんです。

先日は私のiPadの検索履歴が(自分で検索できます…好きなことは教えなくてもね(ーー;))

火星人
ほんもの火星人
ほんものの火星人

と残っており(笑)、

今日学校で借りてきた本が、
「宇宙人はほんとにいるの?」

e0286326_20254325.jpg



読みふけっております…

e0286326_2026288.jpg



そしてレゴで作ったのは

e0286326_20262616.jpg


宇宙人へのメッセージだそうです(笑)

宇宙人へ思いをはせ、幸せそうな息子なのでした。
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-29 20:27 | すきなこと(自然科学) | Comments(0)

困った子どもではなく困っている子ども

昨年の今頃は、ちょうど就学について悩んでいた頃です。
支援学級にするか普通学級にするかの決断を、11月末までにしないといけなかったので。

このあたりは自治体によっていろいろ違うところかなあと思いますが、私の住んでいる地域では、

(1)教育相談(教育委員会の人との面談、その場で子どもは別室でwiscを受けます)
(2)電話にて普通級か支援級かの判定を伝えられる
(3)親が電話で希望を伝える

といったものです。

うちの場合は、事前に療育センターでwppsiというwiscの幼児版を受けていたので、面談の日に発達検査を受けなくてもよかったんですけど、なんかこの流れはいろいろ問題ある気がします(。-_-。)
発達検査の結果も含めて、電話でしか知らされず、検査結果も数字のみ電話で伝えられるだけなんですよ。
なんか、普通級か支援級かの判定でも受け取り方の誤解も多いのではないかなあと思います。

私も最初は理解していなくて、息子は大人しいタイプだしまわりに迷惑かけないなら普通学級でよいのでは?と思っていました。
結局は決める直前に崩れて、支援級じゃないと無理だと気づいたのですが、息子が崩れず我慢していたら気づかないままだったかもしれません。

逆に、例えばいわゆる問題行動があるから支援級に、という考え方も間違っていて、対応を変えれば普通学級で伸びる子もいるということです。

息子が診断を受けてから、発達障害に関する本を読んだり勉強会に行ったりしていますが、その中でも
「困った子どもではなく困っている子ども」
という考え方が、やっと分かってきたという感じです。

発達障害というとらえかたも、「困った子ども」という視点で見てしまうとラベル付けに思えてしまいますが、「困っている子ども」の視点でみると、優しい言葉になると思います。
(発達障害、という言葉のセンスはどうかと思いますが、そういう名称なので割り切ってとらえたほうがよいのかなと思います)

私の母も未診断ですがアスペルガーだと思うのですが、子どもの頃にそういう考えが社会になかったので、かなり辛い目にあっている一人です。
二次障害にも苦しんできました。
なので、うちの息子は理解してもらえていいね、と言っています。
発達障害という言葉があったほうが救われる子どもがたくさんいるのも事実なんだと思います。

発達障害なんて昔はなかったよね、という言葉の意味は、視点が違えば全く違った意味になるのだろうし、子どもが発達障害だと診断された意味も視点を変えれば変わってくるのでしょう。
言ってみれば、本人が困っていなければ診断は必要ないし、困っていれば診断が助けになるということです。

視点を変えて子どもを見ることで、普通級か支援級かを決める手がかりにもなるし、発達障害に対する社会の偏見もなくしていけるのだろうと思います。
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-28 21:44 | 思うこと | Comments(2)

感覚過敏いろいろ

PEP-Rという発達検査を1年前に受け、その検査で感覚過敏が強いと指摘されました。
この検査は自閉症に特化した検査で、その後の療育方針を決める参考にするための検査です。

検査の合間に、いろいろな音を出したり体に触れたりして反応をみます。

◆聴覚の過敏
◆皮膚の感覚の過敏(痛みに敏感)
◆視覚過敏

を指摘されました。

私が見ている感じでは、匂いの過敏や味の過敏もあります。

匂いに関しては、どうしても入れないお店や学校の教室があります。
学校ではパソコンルームには入れず、大好きなパソコンの授業は受けていません。
時々歩いていても鼻をふさいで歩いています。

味覚は、給食のステンレスの器が苦く、食べ物の味が変わるといいます。
それでも食べられる食材は食べていますが、偏食もすごいので…。なかなか給食は厳しいです。(今は支援級で食べているし、怒られることもないので、楽しく食べていますけどな。学年が変わったら先生によってはダメだろうなあ…)

あとひとつ。
これも感覚過敏からではないか?とカウンセリングの先生に指摘されたことが、空腹時のフラフラなんですけど…。

給食は12時半くらいから食べますが、どうしても空腹に耐えられず、状態が崩れます。
最初はイライラ、その後電池がきれたように倒れこみます。
お腹がすいた、と言い、動けません。給食の準備も進みませんし、その前の4時間目なんて後半はダウンです。
みんなお腹が空いているんだよ、なんてことは分かってるんだと思うんですけど、どうみてもワガママにしか見えない感じですいね。

カウンセリングの先生が、もしかしたら空腹も私たちが感じる以上に敏感に感じている可能性はありますよね?学校の合間に何か食べるのはできませんか?

と言われたのですが、やはり息子だけオニギリ食べるとかはできません。

いろいろ考えて、今は2時間目から登校して、9時すぎに家でオニギリやバナナなどを食べさせてから行っています。
それなら少しは持つらしく、フラフラしながらも給食の準備はできているので、しばらくこれで行こうと思いますが。

血糖値が下がってるってことあるのかなあ?血液検査したことないし分からないけど、状態としては近い感じにみえます。

感覚の感じ方は推測しかできないけど、もんのすごい空腹感を感じているんだとしたら辛いだろうし、かといって周りの理解も得られにくそうな問題だよなあ…。

今日も2時間目から登校します。
もう6年間それでもいいんだけどね!!
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-27 08:28 | 息子の感覚 | Comments(8)

聴覚過敏にはイヤーマフ

一昨日の日曜日、無事学校の発表会を終えることができました。
1ヶ月前までは参加も怪しかったけど、最後の一週間で練習にも参加、当日も参加することができましたよ^ ^

息子には聴覚過敏があるようで、それに気がついたのは1年前でした。
(他にもいろいろ感覚過敏があるのですが、また改めて感覚過敏については記事にまとめたいと思います。)

耳塞ぎはしょっちゅうありましたが、まだ診断をもらう前は耳塞ぎの意味が分かっておらず、ちょっと神経質なのかな?と思ったりしていました(._.)

息子の苦手な音は、
子どもの叫び声
大勢の子どもの歌声
マイクの音
スピーカーから流れる音楽(好きな音楽もありますが、絶対ダメなもののあり)
掃除機の音

などなど。

通常の学校生活では時々耳塞ぎで乗り切っていますが、学校行事は耳塞ぎでは対応できません。
そこで役に立つのがイヤーマフです!!

e0286326_98664.jpg


息子が使っているのはこれなんですけど、見た目が派手なのが少々気になりますが、機能は良いです。
嫌な音だけ聞こえなくて、話し声は普通に聞こえます。
耳栓だと話し声も聞こえにくくなるので、できればイヤーマフが良いと思います。

このおかげで、支援学級の運動会も参加できたし、今回の発表会も参加できました^_^
他の学年の劇や合奏も観ることができたんですよ!

思えば昨年の保育園の運動会や発表会、イヤーマフを知らなかったからそのまま参加させていて、ずいぶんしんどい思いをしてたんだろうと思うと切なくなります。
保育園では和太鼓もあったんですが、キツかっただろうなあ(;_;)

そんなこんなで、グッズを活用することで大きな行事に参加でき、ひとつ自信が持てた息子くんなのでした。
まだまだ普通学級の教室には入れないけど、少しずつ乗り越えていければいいかな〜
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-26 09:16 | 支援グッズ | Comments(0)

未来は今の積み重ね

カウンセリングの先生のセラピーを受けるようになって、半年以上すぎました。
もう少し記録をブログに残しておけばよかったな〜と思うのですが、毎回たくさんの気づきをいただいています。

心理の先生からの視点は、療育の先生やドクターの視点ともまた違って、息子のことを違った視点から考えるきっかけをいただきました。

自閉症の診断をもらってからは、困りごとも課題も、基本的に自閉症の特性という視点からアプローチを考えていました。
もちろんそれは必要なことで、今後もそのアプローチや支援は必要なんですが、心のことと切り離して考えてくださったのがカウンセリングの先生だったと思います。

3回目か4回目かのカウンセリングの時に、とても心に残った言葉を言ってもらったので、思い出しながらブログに書いてみようと思います。

…………
息子さんのことは、手探りでもよいんです。
はっきりとした答えはどこにもありません。
でも、手探りで子どものことを考えながら関わる、このことに大きな意味があります。
先のことを心配ばかりしていても、何も変わりませんが、よいイメージを持ちながら今を積み重ねていくことは大きな意味があります。
未来は今の積み重ねです。
将来を悲観したり、必要以上に恐れたりしなくても良いんですよ。
常に今を大切にしっかりと関わっていれば、それは積み重なって未来の息子さんの土台となります。
将来のことは恐れず、しかし、良いイメージを具体的に持つこと、これを心にとめながら関わってくださいね。
…………

と、ざっくりですが、こんなことを言われたような気がします。
ずいぶん自分なりの解釈を入れているのかもしれませんけど…。まあ心に残ったことを文章にしたらこんな感じです。

保育園で無理をさせたことも、後悔しなくて良いと言っていただけました。
(といってもしてしまいますが)

これまで時々とっても息子の将来が不安になることがあったのですが、最近はずいぶん前向きになったかもしれません。(まだ時々波はあって、不安にも襲われますが、頻度はぐっと減りましたかね〜)

息子が自分らしく、得意とすることをいかしながら幸せに生きていけると良いな。
どんなことが向いてるのか、どんなことが得意なのか。
そしてそれをいかした職業はどんなものがあるのか。

具体的にイメージをしながら、今をしっかり積み重ねていくことができたら良いなと改めて思います。
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-24 21:21 | カウンセリング | Comments(2)

夢がかなう…。

e0286326_19575211.jpg


iPadの中にこんな写真がありました。
息子くん、私のiPadを勝手にさわって、写真に言葉を入れたもようです。

写真は以前私が撮影したものなんですけどね。
小さく写っているのは息子です。


夢がかなう…。


どんな気持ちでこの言葉を書いたんだろう?
本人に聞くと、

『そんな感じの写真でしょ?』

だそうで。
どんな夢を思い浮かべているのだろう?
かなうといいね^_^
いや、きっとかなうよ!!!


e0286326_2012684.jpg


そうそう、カメラ好きな息子にトイカメラをかってあげました。
研究熱心な息子は撮影に夢中です。これは夕日をとっているところ。
綺麗な写真を撮りたいんだそうです。お花と空をメインに撮ってます。
写真を撮っている時の息子は本当に楽しそうです^o^

夢に向かって、今はやりたいことをどんどんやって、毎日を楽しく過ごしてほしいな^ ^
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-23 20:06 | すきなこと(詩、写真など) | Comments(4)

時間の感覚

昨日は、1年前から始めた療育機関の面接の日でした。

まずは最近の学校の様子などをこちらから報告。
少人数でのクラスで過ごしていること、時間割などスケジュールが保育園に比べてハッキリしていて安心、ということが行けている大きな理由なのかな、というお話しでした。

我が家の場合は入学式にもでずに不登校だったので、学校に行った上で休んでいるわけではなかったので、様子をみながら進めていったのもよかったのかもしれません。

療育目標は、スケジュールを見て自分で動けること、お友達と過ごして楽しいという実感が持てること、あとは勝ち負けのゲームなどへのチャレンジなどでした。
ソーシャルスキルは、年齢ととも徐々に、という感じで取り組むそうです。

面接の中で、療育とは関係ないけど気になっていたことを聞いて見ました。
息子が毎日日記を書くときに、1日のことを覚えていないことが気になってたんです…。
例えば学校へ行ったことも、療育へいったことも、買い物にいったことも、私が言わないと思い出せないんです。
逆にいえば言ったら思い出せるので、記憶にないわけではないんですよね。

これは、エピソードの記憶と時間の流れが一致していないのでは?という見解でした。
おそらく記憶の処理の仕方が全く違うのではないかと。

普通は、今日何したかと聞かれたら、朝から夕方までざっくりとやったことを順番に答えるんだと思いますが、その記憶がいつの記憶なのか分からないんじゃないか?というのです。(うまく説明できません…。)

これは、自閉症の方が起こすフラッシュバックとも関連があることらしく、何かのキッカケで数年前の記憶があたかも今起こっているかのように鮮明に感じてしまう、ということにもつながるようです。

ずいぶん前の記憶と今日のことがごちゃっと入っていて、取り出すのが難しい感じなのかなあ?
まあ、スケジュール見たり言われたりしたら思い出せるので、引き出すのがうまくできないだけかもしれませんが。

息子と似たタイプのお子さんで、5年生で少しずつ引き出せるようなったとお聞きしました。
少しトレーニングがいるようです。

もう少し大きくなったら、自分で手帳の管理ができるようになると違うかなあと思います。
そして今は、毎日短くても良いので日記をつけるのは良いことらしいです。なので続けよう!

息子いわくですが、
『今を生きてるんだから今が分かればいいんだよー』
とのことらしいですけど…。結構お気楽な息子です。
スピリチュアルな考えで言うところの、『今ここ』の感覚なのでしょうかね。

自閉っ子の脳みそは奥が深いなあ、と改めて思った面接でした。
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-22 17:09 | 息子の感覚 | Comments(4)

算数のお勉強、試行錯誤

算数が得意なんだか苦手なんだかよく分からない息子ですが、ドリル勉強などは相当苦痛のようで、いろいろと違ったアプローチを模索ちゅうです。

糸山メソッド 絵で解く算数(低‾中学年版) (アエラキッズブック)

糸山 泰造 / 朝日新聞社


少し前に読んだ本で、絵で解くってところがうちの子の合っているのでは?と思ったところです。
年長さん問題を購入し、10月からやってみています。
問題は難しいですが、丁寧に絵を描けば答えられますかね〜。
絵を描くことと、問題の内容が息子のツボにハマっているようなので、継続中です。


宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編

宮本 哲也 / 学習研究社


こちらは今月購入してみたもの。
タイトルがなんかすごいインパクトありますね!
ネットでいろいろ検索していて見つけました。
普通のドリルは嫌がりますが、もともとパズルや迷路は好きだったので、こちらも楽しくできているようです。
ちなみに、さりげなくページを開いて鉛筆と消しゴムをセットして置いておくと、勝手にやってくれます^o^
声かけすると逆にやりません(~_~;)

これからやったらいいかも?と思っているのは、以前Hiromiさんからコメントいただいた、そろばんです。
視覚で理解することが得意なようなので、目で見て分かるそろばんっていいのかも?と納得です。繰り上がりも分かりやすいし。
そろばん教室に通うのは難しそうなので、家で遊びとしてそろばんを取り入れてみようかな〜?

新しい取り組みと並行して、10月に入ってから、一切の反復を家ではやらないようにしてみました。
宿題も、算数はやらなくてよいことにしてもらって…。(漢字は1日1文字。あと毎日日記は書いています。)
なので、算数の宿題やってない代わりにこれらのことをちょこちょこしておます。
今のところ、家では算数でお腹が痛くなるほどのストレスはなくなて、おだやかです^ ^

そうそう、タブレット学習のスマイルゼミは継続して続けていますが、こちらは算数の問題も自ら進んでやってくれます。(でもドリルはやらなくていいよ、と言ってあるので、ドリル以外のものをやっています。スマイルゼミのドリルはタイムを計ったりするので、怖いと言ってできません。)
ドリル以外のものは、アニメーションで説明してくれたり、タブレットから音声もでるので楽しいみたいですよ^_^

今月のはじめくらいはまだまだ算数嫌だ〜!って言ってた気がするけど、急に今週に入ってから算数の授業がスムーズに進行しているとのこと。少し前進?
苦手意識は少なくなったのかな、という印象です。
新しい取り組みは手探りですが、少しずつ改善されるといいな〜と思います。

と、書いていて気づいたんですが、『いかに興味をもたせるか』がポイントなのかも?とも思いました。
苦手意識をなくし、楽しいと思える学習にすること。
その方法を模索していきたいと思います〜
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-21 09:08 | 学習 | Comments(0)

学校行事

今週末は、学校での学習発表会という行事があり、各クラスごとに、劇や合奏などをします。
支援学級に所属している子どもも、普通学級の一員として参加することなります。

息子のクラスでは、劇をすることになっているのですが、ギリギリまで参加できるか分からず、これまでは練習にも参加していませんでした。

支援学級の運動会や遠足といった行事も終わり、落ち着いたところで改めて息子の意見も聞きながら、参加できるかどうかと、参加する場合の方法などを先生がたとしっかり検討してみました。
結果、セリフはなしで部分的に効果音を入れるということ形で参加することになりました。
効果音は、ウインドチャイムという楽器をならします。
とても綺麗な音色です(*^^*)

先週から体育館での練習が始まったのですが、私の付き添いはあったものの、体育館での練習には参加することができ一安心。

運動会でもそうでしたが、イヤーマフが大きな助けになっているようでした。
苦手な音もこれで大丈夫なので、不安がずいぶん軽減されたように思います。

今日の3回目の練習は、私の付き添いなしでも参加でき、先生の誘導もなく自分のタイミングで上手に音をならすことができたとのこと。
入退場の練習もできたんですって!!すごい!!

今回こういう形で参加することなり、息子にとっては大きな自信につながるのではないかなあ、と思っています。

本番は日曜日。
どんな感じに仕上がっているのか、とても楽しみです^ ^
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-20 18:50 | 1年生 | Comments(0)

息子の良いとこ探し

過去日記を読み返してみると、

将来の夢(親の妄想)

という日記を書いていました。
去年の8月でしたね。

まだ保育園で崩れる前だったかなと思います。

最近不登校も落ち着き、また少し前向きなことも考えられるようになってきたなあ、と思います。

………
これからの学校生活を含めた十数年は、そんな息子の良いとこ探しを頑張って行こうと思います。
もちろん今後も療育は受けますし、無理のない範囲で、息子の大の苦手な運動も取り入れていくこともしますけどね。
やっぱり何か持っているのは確かだから。
不思議ちゃんとか変わってるとか(良い意味で)言われているってことは、キラリと光る何かを持っていると信じています。
…………

と、書いていたようですね、私。

実際保育園後半で崩れて、学校に行けなくなっていた時期は良いとこ探しどころではなかったな、と思います(ーー;)
なので、基本は精神的に安定していること、安心な居場所があること、が成長の絶対条件なのだろうと改めて思います。

ここ半年で、いろんな意味で成長を感じる息子くん。
改めて、昨年の日記に書いたような気持ちになって、息子の良いところをいろいろ探していきたいなあと思います。
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-18 16:17 | 思うこと | Comments(0)


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

最新のコメント

鍵コメさんへ(Taiママ..
by taitai-nikki at 08:39
ももぞうさん、あけまして..
by Taiママ at 08:22
あけましておめでとうござ..
by ももぞう at 22:55
鍵コメさん お返事遅く..
by Taiママ at 19:52
ももぞうさんこんにちは^..
by Taiママ at 15:07
キャンプいいですね! ..
by ももぞう at 08:53
たくさん遊べて楽しく、い..
by Taiママ at 14:19
大人でも海は浮き輪がない..
by ane at 07:00
ももぞうさん、ありがとう..
by Taiママ at 13:08
おまめくんの夢、、心がポ..
by ももぞう at 14:57

ライフログ





画像一覧