「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

卒園式とその後

10日以上たってしまったのですが、卒園式、無事参加できました!

前日のリハーサル、スケジュール、イヤーマフ。
担任の先生に隣についていただいて…。

途中で『ママー』と声がでたりはしたけれど、席をたつことはなく、立派だったなあと思います。

そしてその後、数日は元気がなかったかなあ。

そして次の週に、一泊二日で旅行にいったんですが…。
私の大学の同窓会があったので、それにも連れていったんです。(ついでに家族旅行)
で、楽しそうだし、意外と大丈夫だなあと思っていたのですが、やはりそんなことはなかったようです-_-b

保育園にあれだけスケジュール!行程表!って言ってた私ですが、家族旅行だし大丈夫だろうと思って準備しなかったんですよね。
実際楽しそうだったし、パニックなどもなかったし。

旅行中ずいぶん頻尿だったんですが、まあ緊張からだろうし、帰ったら治ると思って軽くみていたんですが、帰ってから4日たっても治りません( ; ; )
一応病院いって膀胱炎でないことは分かり、大きなストレスがかかったことはないですか?って聞かれました。

卒園式と旅行か…。(主に旅行)

あまり大人がトイレに反応せずに、普通に過ごすしかないそうです。
ひどいときは5分間隔です。量はでません。
さらには対人恐怖も出て来てしまって、子どもを見ると逃げる。

もちろん小学校には行きたくないという。

就学準備にいろいろ頑張っていたのに、私がやらかしてしまいましたよ(−_−;)
嫌なタイミングで絶不調です。

甘く見ずに、旅行もスケジュール、行程表、必要でした。
特に同窓会など、知らない人がたくさんいる会場に行くということに対して、息子が感じるであろうストレスにもっと配慮すべきでした。

保育園の先生が、保育園では楽しそうなので抱えているストレスに気づかなかったと声を揃えておっしゃっていましたが、その意味がよ〜く分かりました。
だって、ほんとに旅行中楽しそうだったんですから。

お医者さんが言うには、ここまで来ると元に戻るのに少し時間がかかるとのこと。
焦らず、ゆっくりストレスのない生活を過ごすしかないようです。
入学式まで間に合うか、ということについては、何とも言えないようで…。

いろいろあるなあ。
まだまだだな、私-_-b





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-03-28 21:12 | 日常 | Comments(0)

診断をもらった日の説明

先日のEテレの特集(日記に書いた番組)の自閉症スペクトラムの説明を見て、診断を受けた時の医師の説明を改めて思い出したので、記録の意味も込めて書こうと思います。

テレビでは、三角形の図形(ピラミッド型かな)で説明していて、頂点に自閉症があり、その下にらせん状にアスペルガー症候群や広汎性発達障害などの診断名があったように記憶しています。

私はその同じ図を使って、診断の説明を受けたんでした!

テレビよりも説明が例えを交えた感じになっていて、その例えがとっても分かりやすかったように思います。

息子の主治医の先生が、「自閉症スペクトラム」という言葉を使ったのは後にも先にもその一回だけで、その後は「息子さんみたいなタイプの人は」という表現しかされない先生です。

まず、平地に山がある絵を描いてくれました。まっすぐの線が平地で、三角形が山です。

……………………………
この世界には、多数の人が平地に住んでいます。でも、少数の人は山に住んでいます。
息子さんは平地ではなく、山に住んでいる人だと考えてくださいね。頂上には行くことがないけれど、(半分から下あたりにらせん状の線を書きながら)、このあたりをウロウロとしています。
同じ世界に住んでいるし、同じ景色を見ているけど、平地から見るもの、感じるものと、山の上から見るもの、感じるものは違いますよね?
どちらが正しいというわけではないけど、世の中は多数派の都合の良いようにできているので、そういう意味で生きづらさはでてくると思います。そのあたりをサポートしていきましょうね。
息子さんが平地に行くことはなく、山の住人であることは大人になっても変わりませんが、1号目あたりにいくことはできるんですから。
………………………………

といった内容でした。

ただの例え話だと思っていたけれど、テレビの図と全く一緒だったので、診断名を受容しやすいようにお話ししてくださったのかと、今になって思い出しました。

診断名についても、自閉症スペクトラムだと周りが???って感じになりますって相談したら、「だったらアスペルガーと言えばいいよ」と、臨機応変に対応してくださる。
そもそも、診断名は便宜上必要な場合があるからつけるけど、特性と支援方法を考えることが大事、というスタンスのお医者さんなんです。

診断名をもらったのは2回目の受診の日でしたが、初診の発達検査を受ける前、息子と少し話しをされたんですが、その時に「診断名いります?」って聞かれて意味がわからなかったのだけど。
検査する前から息子が自閉症なのは分かってはいたのだろうなあ。

困っていることがあれば、診断名があれば支援されやすい。(もちろん診断がつくレベルでないと診断名はつきませんよ)
困っていることがなければ、診断名をあえてつける必要はない。

私が「診断名がいるか」の意味が分からないと言ったら、そのように応えてくださいました。
息子の場合は保育園で困っていることがたくさんあって、小学校に入っても支援が必要と思っていたので、検査をお願いしたんでした。
(検査で特性などは分かるけれど(視覚優位タイプとか)、自閉症の診断を確定するものではないと後で聞きました。自閉症の診断は特徴や子どもの様子、赤ちゃんからの様子の聞き取りなどと、発達検査結果を総合して判断するようです)

まるっと1年前の出来事です。
あれから濃い時間を過ごしてきた気がします。

「自閉症」
って言葉は本当ドキッとする言葉ですよね。なんとかならないかな、この言葉…って今だに思います。
初めて自閉症の心配をしたのは1歳の頃。ネットで調べて当てはまることが多すぎで、本当ショックでした。多分あの時が後にも先にも一番ショックだったかな…。
その後は検診で心配ないと言われ続けてきたので、3歳をすぎる頃には心配しなくなり、1年前に診断を受けて、やっぱりという気持ちもありつつ、確定されたことのショックは大きかったです。
将来を心配したのはいうまでもありません。

でも1年たってみると、診断名を聞けてよかったというのが本音です。

自閉症の子どもは面白い!たくさんの可能性を秘めています。
絶対すごい大人になると信じています。
その才能を潰さないために、多数派のルールに押しつぶされてはいけないんだーと、心から思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-03-10 00:47 | 診断 | Comments(4)

嫌な記憶がよみがえる?

昨年秋に保育園不適応を起こした息子。
日記を読み返すと、年末には楽しく行けているようでした。

で、年明けからぐずりだして、スムーズに行く日もあればかなり荒れる日もある。

明らかに大きな予定変更や、行事の日に崩れるのは理解できるし、対応も考えられるけど、そうではない日が時々ある。
うーん、法則がよく分からない…と思っていたのですが、もしかしたら、自閉症のフラッシュバックを起こしていることがあるのかもしれないな、と推測できそうです。
自閉症の人のフラッシュバックは、大きなトラウマを抱えた人のフラッシュバックと分けて考えるために、タイムスリップ現象と表現することもあるようですが。

車を降りるまでは、保育園大好き〜と笑顔で行くんです。
でも、門をくぐったとたん、昨年の秋の様子に一変することが時々あるんです。
表情も、言うことも同じ…。さっきまで笑顔だったってところだけは、秋とは違うんです。(秋には家でも大暴れしていて、車でも大暴れだったから)

記憶だけでなく、感情そのものも嫌だった時に戻ってしまっているようで、この「フラッシュバック(タイムスリップ現象)」を知ったときに、まさにそんな感じでこれならつじつまが合うと思ったわけです。

本人が自分の感情を説明できないので推測でしかないんですが、例え原因が分かって改善しても、一度激しく不適応を起こした場合は修繕が困難だということを実感しています(>_<)
嫌な記憶を消せないって辛いですよね…。そんな時の息子の表情を見ると辛いです。保育園の門が記憶をよみがえるらせちゃうのかなあ…。
卒園まで少しなので今更だけど、月曜日から裏門から入ってみようかな。
今は保育園は好きだと言っているので、こっちが本心かな、とは思っていますけどね。

そんな保育園生活も、通うのはあと5日となりました。
来週卒園式です!
いろいろあったけど、なんだかんだで頑張って通ったなあ。
来週は親子揃って頑張った記念日になりそうです(^-^)/



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-03-09 23:28 | 保育園年長 | Comments(2)

「人とうまくつきあえない ~いじめや虐待と自閉症スペクトラム~」

日曜日にEテレで放送していた番組を見ました。

いじめや虐待、精神疾患などの根っこに、自閉症スペクトラム障害が関わっていることが分かり、全国で先進的に取り組んでいる事例を紹介していた番組でした。

やはり、二次障害が起こってから自閉症スペクトラムということが判明した場合は、かなり深刻な問題になっていることが多く、解決するのにもかなりの時間と労力がかかってしまいます。

早期発見、早期療育によって、ソーシャルスキルを学び、社会の中で孤立しないように支援していくことが大変重要なこと、とのこと。

私の自治体ではそんなに進んでいなくて、1歳半検診も3歳検診も、息子は心配ないと言われていました。
目が合いにくいとか、同世代の子どもと遊べないという悩みも相談したのですが、言葉がでている、ということで気づかれなかったようです。
テレビの事例では、独自の判断基準を設けていて、気になる子どもは専門機関へ繋げていくそうです。

もし我が家も3歳検診で気づいていたら、保育園での生活がもう少し工夫できたのかなあ?とは思いますが、5歳で気づいてもそこまで遅くはないですかね。今からでもできることはたくさんあるので、気づけてよかったなあと思います。

早くに指摘されると、親としても、時間をかけて集団生活を送るころには受け入れることもできてくるかなという気もします。

自閉症スペクトラムの子どもたちは、定型発達の子どもたちが自然に学んでいくソーシャルスキルを、自然に身につけることが難しいといいます。
小さなことから経験を積み重ね、教えていくことで、人の気持ちや暗黙のルールといったものも、推し測ることができるようになっていくのだそう。

結構充実の内容の番組だったので、見ていない方は再放送をチェックされるといいかもしれません。
とっても勉強になりました!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-03-05 08:22 | 思うこと | Comments(8)

最初に買った本

息子が自閉症スペクトラムと診断された時に、初めて買った本はこちら。

アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

講談社



佐々木正美先生監修の本です。

まだ診断がおりる前に、本屋さんでこの手の本を立ち読みしていたのですが、この本がとっても分かりやすかったんですよね。

親の気持ちとか、子どもの特性とか、具体的な対応方法とかが丁寧に分かりやすく書かれている本だと思います。

息子が診断される前までは、アスペルガー症候群という言葉は聞いたことはあったけれど、具体的にどういったものなのか、よくわかっていませんでした。

自閉症については、まだ学生時代の頃に少しボランティアで関わっていたこともあり、高機能自閉症という言葉やADHDという診断名は知っていたのですが(かれこれ15年ほど前かなあ)、アスペルガー症候群という名前は当時は聞いたことがなかったように記憶しています。
もちろん専門で学んだわけではなく、発達障害のある子どもさんの余暇活動ボランティアに参加していた、ということなので、私が知らなかっただけかもしれませんけど。

そういう意味でも、分かりやすいこの本を読んでとても勉強になったし、何より
「わ〜、息子のことを書いている本みたいだわ!」
と驚いたのを覚えています。

その後も佐々木正美先生の本はいろいろ読んでいますが、自閉症の子どもたちへの暖かい気持ちが伝わる本ばかりですね。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-03-01 12:08 | オススメ本 | Comments(0)


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

お気に入りブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

最新のコメント

鍵コメさんへ(Taiママ..
by taitai-nikki at 08:39
ももぞうさん、あけまして..
by Taiママ at 08:22
あけましておめでとうござ..
by ももぞう at 22:55
鍵コメさん お返事遅く..
by Taiママ at 19:52
ももぞうさんこんにちは^..
by Taiママ at 15:07
キャンプいいですね! ..
by ももぞう at 08:53
たくさん遊べて楽しく、い..
by Taiママ at 14:19
大人でも海は浮き輪がない..
by ane at 07:00
ももぞうさん、ありがとう..
by Taiママ at 13:08
おまめくんの夢、、心がポ..
by ももぞう at 14:57

ライフログ





画像一覧