<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

診察の内容メモ

先週の木曜日の診察。内容を簡単にメモします。
今は3ヶ月に一回行っています。

◯就学について
判定について
私が住んでいる自治体は、息子くらいの場合だと普通級判定が多かったらしく、意外な結果ですねえ、とのこと。
保育園の激しい行きしぶりのお話しもしたので、不登校にならないような配慮なのかも?とのこと。
なので、学習面よりは人間関係に重点を置いての判定でしょうねえ、ということでした。

支援級の様子
私が見学した時の様子、人数(息子が入れば3人)、先生の様子をお話ししました。
条件としてが良いのではないか、ということで意見が一致しました。
今度息子とも見学するので、授業の様子を見て、良さそうなら支援級で行きましょう、という感じの話しになりました。
今年初めて支援級を受け持った先生で、来年も継続希望ということを伝えると、慣れている先生よりやる気があっていいかもね、ということでした。

主治医の先生からは、支援級といってもひどい内容の教室も実際あるので、そういう意味では単純にどちらがよいかは言えない、とずっと言われていました。
なので、実際に行く学校の支援級は悪くなさそうなので、そちらに決めるという判断は良いと思う、ということでした。

◯行きしぶりについて
無理やり行かせるのは絶対ダメだって( ; ; )
無理やり行かせてました( ; ; )
保育園で普通にしていても、何かあるから朝嫌がるのは間違いなく、大人になってから二次障害が出ることもありうるらしい。ひゃ〜!!
なんとなく行きたくない、というくらいでは行かせてもいいけど、暴れる時はできるだけ休ませるということになりました。その微妙な線引きは私がしないといけないのです。む、難しい…。
一応、考えられる不安要素を見つけて改善することは継続(イヤーマフ、スケジュールなど)していきます。

◯療育
先日面接に行ったところの内容を説明しました。
先生からは、病院内のグループ療育も勧められました。倍率が高く、1年生すぐには通えないかもしれないけど、年明けの診察の時に主治医の先生に申し込みをします。入れればいいなあ。

◯イヤーマフ
いろんな種類を試して、自分で使える状態にしておけばオッケーとのこと。使う場面は本人が決めれば良いとのこと。

◯スイミングでのゴーグル使用許可
感覚過敏で、おそらく何年通っても顔に水つけができない気がしていたので、ゴーグル使用を検討していることをお話し。
主治医の先生も、いいアイデアと言ってくださいました。
スイミングでは医師の許可(おそらく眼科のことだろうなあ)があれば使用オッケーなので、一言紙に書いていただくことになりました。
「アスペルガー障害による感覚過敏があるため、ゴーグルの使用を必要とする。」
という内容にしていただきました。こういうのを書くのは初めてだわ〜(女医さんです)と言っていらっしゃいました(^^)

次回は12月に診察です。
具体的なアドバイス、あたたかい言葉、勉強会の案内などいろいろいただけて、安心した気持ちになって帰ることができました。
良い先生との出会いに感謝です!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-30 09:44 | 保育園年長 | Comments(2)

診断名について

先日の木曜日は、主治医の先生の受診日でした。
私だけの発達相談といった感じです。

限られた時間なので、要点をメモしていきました。

◯激しい行きしぶりの対応
◯就学に向けて(見学した支援級の様子をお伝えし、アドバイスをいただく)
◯療育について
◯イヤーマフの使用アドバイス
◯スイミングでのゴーグル使用(スクールの方針で医師の許可が必要)

またそれぞれにブログでメモしていきたいとは思うのですが、スイミングのゴーグル使用許可で、診断書を書いていただく必要があり、診断名を再確認しました。

自閉症スペクトラムと言われたのが診断名でよいのか?
自閉症スペクトラムと言うと、わりと「???」という顔をされることがある。

ということを聞いてみました。(ずっと気になっていたので)

すると先生から、
「アスペルガー障害ですね」
と言われました。

細かくいうと、自閉症スペクトラムの中にいることには変わりなく、アスペルガーと高機能自閉症の線引きもハッキリ分ける必要がないというのが先生の見解。
でも、そういうことなら診断名が必要な場合には、「アスペルガー」と伝えると、みなさん理解が早いかもしれないから、そう伝えてオッケーということでした。

先生は、支援には診断名にとらわれず、特性を気にして対応策していけばいいということでした。
なので、診断名が必要な場合はそのように使い分けましょうか、ということでした。
あとは、本などは「アスペルガー」の本を読んだら参考になることが書いてあると思いますよ、とも言われました。

なんだか、なるほど〜!な見解でした。

私が、
「親としては息子が自閉症という認識でいたらよいですか?」
と確認すると、
「そういうことです」
と言っていただきました。

人に伝える必要があるときは臨機応変に。大事なのは診断名ではなく息子の特性。(息子にはどんな支援が必要か、という視点で常に考えること)
素敵な先生だな、と思いました(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-29 09:01 | 診断 | Comments(0)

保育園でのイヤーマフ

早速今日からイヤーマフを保育園で使用してみることに。

朝の子どもたちへの説明は、私からさせていただきました。(今朝も行きしぶりが激しく朝の1時間は私も保育園にいたためなのですが)

イヤーマフを出すと、やはり子どもたちがよってきて、なになに???って聞きます。
そこでみんなを集めていただき、説明を。

私「みんなは、◯◯くんが時々耳をふさいでいるのを見たことある?」

子どもたち「ある〜!!(全員が手をあげる)」

私「お耳が痛いからふさぐんだけど、ふさいでたら手がつかえないよね」

子どもたち「(真剣にうなづく)」

私「これは、耳が痛いときに使うように、病院の先生から使うようにって言われたものだよ。耳が痛いときに、◯◯くんが自分でつけるので、つけたりつけなかったりするんだよ。目が悪い人がメガネを使うのと同じ。だから、試しに使ったり、おもちゃにしたりしないで、つけていても気にしないようにしてあげてくれるかな?」

子どもたち「は〜い♪」

と、こんな感じ。
つけていても、普通に声が聞こえること、音楽が流れていることはないんだよ、ということも伝えておきました。

先生に様子を聞くと、お給食のとき、歌を歌うとき、おやつのときに、自分でささっとつけていたそうです。
外すのも自分のタイミングでちゃんとできていたとのこと。

なるほど〜!必要だったのね。
良かった良かった(^^)

保育園の子どもたちも、つけていても、つけていなくても、何も気にせずにいてくれたということですよ。

さて、これで月曜日からの行きしぶりなくなるかどうかは分かりませんが、一つ困っていたことが解消できたのは良いことだなあ、って思いました(^-^)/

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-28 21:01 | 保育園年長 | Comments(0)

イヤーマフの効果は?

ネットで注文したら、早速届いたイヤーマフ。
明日から保育園で使ってみようと思います。

息子が使いたいと言っている場面はこんなとき。

◆太鼓のとき(年長さんは和太鼓をみんなでします)
◆朝の会の歌のとき
◆お給食、おやつのとき(先生いわく、給食の準備のときが子どもが最も騒がしい時間帯らしい)

ためしに装着してみると・・・・

耳への圧迫感があります。
でも、人の話し声は小さな声でも問題なく聞こえて、まわりの騒がしい音がかき消されている感じ。
なかなかの優れものだと思います。

ちなみにこちらで購入↓
http://item.rakuten.co.jp/anzen-mirai/027093/

息子がためしにつけてみて、掃除機をかけてみたら、
「耳が痛くない!」
と喜んでおりました^^

で、さきほど家のインターホンがなって、我が家の犬がかなりの勢いでほえてました。
この我が家の犬の鳴き声も息子は苦手で、いつも耳をふさいでいるのですが、振り向いたら...

e0286326_18475059.jpg



↑このように、一人で装着しておりました^^
自分でつけられるのね~。ちょっと安心です。
どんな場面で使えばいいのかもよく分かっているようですね。

保育園での苦手な場面でうまく活用できればいいなあ、と思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-27 18:50 | 保育園年長 | Comments(0)

保育園に行く工夫

昨日の激しい行きしぶり。
昨日は私が保健室で書いた簡易スケジュールで持ち直したので、朝家で書いてから行くことにしました。
書く前までは、昨日と同じ勢いで嫌がっていましたが、書いたとたん、嘘みたいにおとなしくなりました!
じっと眺める息子。

今日は体操教室がある日なので、スケジュールを書くことができましたが、フリーの日は難しいんです。
以前スケジュールについては保育園にも聞いてみたんですが、前日にスケジュールを作るのは無理みたいなんですよね…。なので、ざっくりしか書けないので書かないでいたんです。
運動会が終わってから「練習」がなくなり、何をするか分からず不安だったのかもしれません。
私が分かる範囲のざっくりスケジュールでも、あったほうが良いなら毎日作ってあげないといけないな、と反省でした。

それと、教室に貼ってるカレンダーが、運動会が終わったのに×がしていないというのも気になっていたことが分かりました。
今日見てみると、運動会だけではなく、月曜日から過ぎた日に×をしていませんでした。
このカレンダーを見ていたようなので、それも不安要素だったようです。
今朝そのことを話して、終わった日には×をしていただくように伝えておきました。

そんなこんなで行きしぶりは今日はひどくありませんでした。
理由は一つじゃないとは思うけど、少し不安を解消できたのなら良かったと思います。

あとは、聴覚過敏が結構あるので、主治医の先生からイヤーマフの使用を勧められています。
道具で改善できるなら、使ってみようかな〜と思います。

少しでも残りの保育園生活を楽しく過ごせますように!!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-26 09:27 | 保育園年長 | Comments(0)

見えてきた課題

昨日は同じ保育園のお母さんに誘われて、市の育児イベントに参加してきました。

午前中は親子でリズム遊び。
昼食をはさんで、午後は子どもはボランティアさんとレクリエーション(2歳児以下は託児)、親は子育てワークショップに参加というもの。
発送障害とは関係のない、一般的な育児イベントです。

午前中は親子で参加だし、大丈夫だろうと思っていたのですが、その考えが甘かったことが分かりました…。

イベントが始まる前は、会場で走り回っていた息子ですが、スタッフの方が「みんな集まって〜」と声かけしたとたん、
「ぼくできない」
と行って会場から逃げ出してしまいました。
1時間半ほどリズム遊びがありましたが、全く参加できず。

途中からは会場内を走り回って走り回って…。30人ほどの子どもが参加していましたが、かなり目立っていたと思います。

午後も心配だったので、スタッフの方で知っている方がいたので、息子が診断を受けていることをお話しさせていただきました。
その方は、「辛くなったら子育て支援センターで絵本読んでもいいからね」と言ってくださって、ありがたかったです。(結局走り回りながらも会場周辺で参加?しましたが)

午後はやはり、私と離れられず、ゲームをとても嫌がって大泣き。
お話ししたスタッフの方が、2歳児さんと一緒に託児ルームに行っていいよ、と言ってくださり、息子も納得。(託児のお部屋は、息子が3歳になるまでよく通っていた子育て支援センターだったこともあり、馴染みのある場所でした)

保育園では集団から抜け出すこともないし、多動もないとのことでしたが、あきらかに集団にははいれず多動でしたので、保育園とは違う1面が見られたのは、ある意味良かったのかもしれません。
慣れた保育園で、先生が支援してくださっている状況なら落ち着けるけど、それが息子の全てではなかったことに気づき、ハッとさせられました。

お昼を食べる時には、「いただきますの挨拶が保育園と違う」と行って泣いて食べれませんでしたし。(時間をかけて納得したら食べる事ができましたが)
細かい課題もたくさんあるようです。

まだ療育も始めたばかりだし、短期間で劇的に変わることはないんですよね。
もっと長い目で見ていかなくてはいけないんだな、と改めて気づきました。
そういう意味でも参加してよかったのかもしれません。
そうそう、本人は楽しかったと言ってましたσ(^_^;)
一番楽しかったのは午後の託児だったようですが(-。-;


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-24 08:30 | 思うこと | Comments(2)

小学校の見学

以前見学に行った時は夏休みだったので、2学期になったらもう一度連絡してくださいね、と言われていました。
実際夏休みだったから、支援級の担任の先生ともゆっくりお話しができ、教室の様子も細かく見せていただけたので、とても良かったと思います。

先日、教育相談の判定の結果と、もう一度見学させていただきたいということでお電話してみました。

できれば子どもも一緒に連れて見学に行きたい、ということも伝えてみました。

その後連絡があり、10月に入ってからにはなりますが、子どもさんも一緒に来てよいですよ、というお返事をいただきました。
できるだけ保護者の方の希望に沿いたい、ということも言っていただけたので、良い校長先生かもしれません。
校長先生と支援級の先生も、良く話しをされているという印象でした。

見学に行くにあたり、息子自身にも就学のことを、なるべく分かりやすく説明してみました。

「小学校になったら、1組とひまわり組というクラスがあって、◯◯くんはもしかしたら、その両方のクラスに行くかもしれないよ。1組は子どもがたくさんいて、ひまわり組は3人だよ。今度一緒に見学に行こうね(^^)」

と、まあこんな感じで。

息子は、この説明で、両方行きたいという気持ちになっているようです。
少なくとも、ひまわり組に絶対行きたくない!!ということはなさそう。
今のお友達は大好きなんだけど、ずっと集団だと疲れるようなので、本人も分かっているのかもしれません。

さて、今朝も相変わらずの保育園の行き渋り…
スケジュールの保育園のカードをはがし、泣く。
園についても主任の先生が泣く息子を抱っこしてくれてのお別れ。

いきなり普通級オンリーは無理だな〜、というのが正直な気持ち。
小学校の支援級がわりと良さそうなのは救いですね。
支援級在籍で、様子を見てなるべく普通級で過ごす時間を増やす、というのがベストかもしれません。
今はまだ決められないけど、3年生くらいで普通級で全部過ごせるようになるといいなあ、とも思っています。
そういうことも含めて、学校側には保護者の思いをお伝えしていこうと思います。

小学校見学は10月9日(火)です〜。
息子はどんな反応だろうか…ドキドキ…


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-21 09:38 | 就学準備 | Comments(2)

息子のオモシロエピソード

就学に向けて頭が破裂しそうなので、ちょっと違うことを書いてみます。

3歳までの息子のことを、思い出しながら書いてみようかなあと思っているのですが、今思うと、なんか他の子と違うなあ〜?って思うこと、たくさんありました。

性格ももちろんあるけれど、中には自閉っ子だからこそのエピソードもあったのかな?

息子の言葉については、ゆっくりではあったけど、健診で何か言われるほどのことはありませんでした。
2歳をすぎたら2語文も出ていたように思います。

それで、わりと喋れるようになった頃にも、決して言わない言葉がありました。
それは
「とーさん」

発音が難しいわけでもないし、「とーさん誰?」って聞いたら指をさしていたので、認識していない訳でもない。
ほんとになんでそれだけいわないの???っていうくらい頑なに言いませんでしたねえ。

で、ある日。
夫が冗談まじりに
「もう、ダディでもなんでもいいから呼んでよ!!!」
って言ったら、
ニヤリと笑い( ̄ー ̄)

「だでぃ」

と呼んだのでした。

理由はサッパリ分かりませんが、ダディがツボだったようで、1年はダディって呼んでましたねえ。
呼ばせてるわけでもないので、外で
「だでぃ〜!」
って言われると恥ずかしかったわ。

いつのまにか「とーさん」になってしまったので、それはそれで淋しかったけど…

これがはたして自閉っ子だからなのかは分からないけど、なんだか変わった子だな〜と思っておりました。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-18 20:32 | 3歳までの息子 | Comments(0)

就学へのアドバイスをいただく

教育委員会からの判定は「特別支援級在籍が望ましい」でした。
◆お話しが聞きにくいこと
◆集団に馴染みにくいこと
◆視覚支援が必要なこと
の3つの理由からその判定になったとのことでした。

ということで、選択肢は支援級か普通級の二つという結果に。
結論は親が出さなくてはいけません。
なので、いろいろな方のお話しも聞いてみたいということで、今日に至ります。

義理のお姉さんが小学校の先生なのですが、元同僚の先生で現在支援学校の先生をされている(自ら志願して2年だけ行くことになったとのこと)先生に、義理のお姉さんの紹介でお話しを聞いていただくことになりました。

もう、本当に良い先生!
こんな先生が担任だったらどんなに良いだろう、と思います。

息子の様子も見ていただきながらのお話しだったんですが、息子が分かりやす〜い反応を。
まず初めて会ったその先生と挨拶できない。
挨拶どころか目をそらして逃げて、ソファに顔をうずめるという…。

それはさておき、いろいろと就学に向けて悩んでいることなどをお話ししたのですが、私のモヤモヤを全て解消してくださる方でした!!

最近保育園で成長が見られること、お友達との関係も良いので、普通級に気持ちが傾いていることをお話ししました。
他にもたくさんお話しをしたのですが、とても印象に残ったことが、
「もちろん普通級でも頑張れるかもしれないけれど、危険なカケだということは認識しておいてください。」
とのこと。
でも私は、最近の保育園での成長をお話ししました。すると、
「保育園では診断後対応を変えてくださったのでは?その成長は手厚い支援があってこそ。もしその支援が途切れたら、せっかく伸びるお子さんの芽をつむことになるかもしれない、ということも考えて決めたほうがよいです。」
というお話しで。

そうなんです…。
この春から、保育園では様々な視覚支援を導入してくださったり、行事の前には個別に絵のスケジュールをくださったり、カレンダーを作ったり…。いろいろしていただいておりました。
さらに言うと、そこまでしいただいてても、毎日行き渋りはあります。(以前のギャー泣は減りましたが)

私はそんな大事なことに気づかなかったのか、成長したのは息子の力ももちろんだけど、支援の方法を変えたから、ということも確かにあったかもしれないのです。

とはいえ、支援級次第のところも大きいので、私が見学した時の教室の様子をお伝えしたら、しっかり勉強されている先生のようだ、ということでした。自閉症に特化した支援だね、ということで、息子にはよいかもということ。(以前の自分の日記にも、支援級の様子が息子には良さそうって書いたと思いますので、私も同感でした。)

息子の行く学校の支援級の先生は、人事異動がない限り来年度も希望を出していて、校長先生も引き続き支援級を任せるつもりと言われていて、少なくとも1年生の間は見学した感じの支援は受けられそうです。

アプローチの仕方を工夫するだけで、伸びる力を持っている子ども。
支援級にしたほうがよいのかなあ、と気持ちは最初の方向にまた傾きました。

もう一度支援級の見学に言って、希望も気持ちも学校にお伝えして、最終的な結論をだそうかな、というところです。

教育委員会からは、11月までに結論を出してくださいと言われています。
最後に決めるのは親なので、あと2ヶ月、じっくりしっかり悩もうと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-09-16 23:54 | 就学準備 | Comments(0)


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

最新のコメント

鍵コメさんへ(Taiママ..
by taitai-nikki at 08:39
ももぞうさん、あけまして..
by Taiママ at 08:22
あけましておめでとうござ..
by ももぞう at 22:55
鍵コメさん お返事遅く..
by Taiママ at 19:52
ももぞうさんこんにちは^..
by Taiママ at 15:07
キャンプいいですね! ..
by ももぞう at 08:53
たくさん遊べて楽しく、い..
by Taiママ at 14:19
大人でも海は浮き輪がない..
by ane at 07:00
ももぞうさん、ありがとう..
by Taiママ at 13:08
おまめくんの夢、、心がポ..
by ももぞう at 14:57

ライフログ





画像一覧