<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一進一退

今朝の登園、今までで最悪でした…

3日休んだから泣くとは思ったんです。
スイミングに行ったりと、いつもと違うことをしたわけだし、泣くとは思ったんです。

それにしてもひどかった。

今日はお散歩に行く予定だったらしく、8時45分までに登園をしなくては行けなくて、そのことも前日に伝えていたし、家のスケジュールボードにも書いていました。

まず朝から行きたくないと。
トイレに行くのもご飯を食べるのも着替えるのもしない。
促すと、怒って、スケジュールボードの保育園のカードをはがして捨てる。

私が
「そういうことをするなら、スケジュール片付けようか」
と言ったら、それは嫌だったらしく、しぶしぶ戻していました。

待っていてもいつまでも動かないから、無理やり私が支度をして車に乗せ、保育園へ。
車のドアを開けようとすると、中から鍵をかける。(もちろん私が鍵を持っているから開けられるんだけど。)
無理やり降ろすと走って逃げようとするから大変。

保育園では、あさのシールはりまで私が付き添うことを承諾してもらっているので(他の子は下駄箱でバイバイがお約束)、それをしようと思うのだけど、いつも使っている手順カードも投げる始末。

手を離すと「かえる!!」と言って門まで走るし。
危なくてみていられない。

今日に限って先生の数が少なくて、主任の先生の手があくまでひたすら頑張り、先生が来たところで相談。
「今日は一日ついてます」
と言ってくださったので、泣き叫ぶ息子を後に帰りました。

はあ…

スイミングで成長が見られたし、就学への希望も見えてきたのに、翌日にずど〜んと落とされるとは( ; ; )
だんだん力が強くなるので、大きくなったら無理やりってのはできなくなるよなあ…(そもそも無理やりってのがいいのか悪いのかも分からない)

保育園を嫌がる理由を見つけないと解決しない、というアドバイスもいただいたりするけど、なんだかサッパリ分かりません。
診断がついてからは気にかけてもらっているし、保育園でもスケジュール、着替えの手順を絵に描いてもらっているし、支度の手順カードも使いはじめて、まあまあ泣くけど前より順調だったのに。

やっぱりスイミングほんとはしんどかったの?
それともスイミングが楽しかったから保育園が嫌なの?

ため息ばかりでますが、今から仕事にいってきます(−_−;)
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-30 09:31 | 保育園年長 | Comments(4)

短期スイミング その4

せっかくなので最終日の様子も記録しておきます!

やはり昨日イキナリ頭から水をかぶったために、全体的に「できない」を繰り返していました。
ただ、初日から思ったのですが、まずは自分の意見を言えているので、だまって逃げることをしないということは大進歩なんでしょうね。

先生の対応が面白くて、
「じゃあ、Tちゃんは監督になってみんなを見ててね」
と言い、終始息子のことを「監督〜」と呼んでいました。(笑)
それで、みんなが課題をやった最後に、
「監督も見本を見せよう」と言って、でも嫌がっていたのですが、そこはやらなくていいとは言わず。
「先生がずっとついてるから大丈夫」
と言って、顔をつける課題も鼻より下まででしたが、最終的に息子の意思でやりとげることができました。

他の子は、初日泣いていた子も含めてみんな頭まで潜れちゃってたんだけど…
でも、自分の意思で口元まで顔を持っていけたというのはものすごいことだよなあ、と、見ながら思いました。

さて、それ意外にもいろいろと息子の様子が分かりました。

まずはみんなが体操座りして話しを聞いている時には、息子一人「ガメラ」になっていたり(−_−;)
同じくみんなが体操座りしている時にギターを弾くゼスチャーをして踊っていたり…
走り回ったり、集団から外れることはありませんが、一人の世界に入り込んでいる時間の方が長かったです。
話しは聞いておらず、周りが動いたのを見て動き出すって感じでした。(これは全て保育園の先生から聞いていたことと同じです。)

でも、安心したのは、先生が声をかけて座るように促すと、声が届いた場合は指示に従っていたところです。(何度か呼ばれないと気づかなかったけれど…)
集団での様子をじっくり見ることができたのも、大きな収穫だったかな〜と思います。

そんなこんなの三日間。
いろんな意味で濃い時間でした。

早速来週木曜日から毎週通うことになりました。
ドキドキです…


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-29 20:59 | 療育、活動 | Comments(0)

短期スイミング その3

さて、今日の様子ですが、今日はイキナリ頭まで水に浸かってしまいました!
きっと先生、昨日ずっと笑顔だったから、他の子にしているのと同じようにしただけだったと思いますが。

案の定大泣き。
次のこともやりたくないと座り込む…

どうなるかな、と思って見ていたら、先生は「やりたくない」と言ったことは「やらなくていいよ、見ててね」と言って順番を飛ばし、しかし最後に「抱っこしてあげるからやってみよう」と抱えてプールへ。
あくまでも優しく…

それでも嫌がるかなあと思っていたら、大人しく抱かれていました。
その後もいちいち「やらない」と言っていて、でも最後に抱っこでを繰り返していました。

プールサイドからの飛び込み(先生が受け止める)は、昨日できたのに今日は頭から水をかぶったので、プールサイドに立つこともできず、座った状態で抱っこで入っていました。
でも、三回目くらいには中腰になっていたし、「やらない」とも言わずにやっていたので、驚きました。

最後の滑り台では、一応最後に並んでいて、優しく抱えてもらって三回はすべりましたね〜!

ということで終了。

もう習うのやめる、って言うかと思ったけど、習いたいと言っていたので、大丈夫だったのかな?
(もしくは自閉っ子の特徴で、習うと決めたから変えれないだけとか?)

ただ、前半大泣きしたわりには逃げださなかったし、終わった後には大きな声でご機嫌ソングを歌っていたので、楽しかったようです。
(ちなみに大きな声で、ママだいすき〜♪ママにあえてうれしいよ〜♪すきすき〜♪という歌を大声で歌っていました。周りのみんな笑ってた…)

明日で短期は最後だけど、親がこの子は水が苦手だから水泳は無理!と決めつけてもいけないし、習いたいと言ったので、九月から習わせてみることにします。(今月中に申し込むといろいろ特典があるので、悩んでいる時間があまりない、というのもある)

今日申し込む時に、さら念のため
「年長児ですが、年少さんと同じようなテンポで進めていただけると嬉しいです。泳ぎの上達が目的ではなく、水嫌いを克服することを目的にしているので、進みはゆっくりで構いません」
とお伝えしておきました。

まあ、やってみないと分からないので、これ以上の心配はやめておきましょう。
明日はどうなることやら。
楽しみのような、不安なような…


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-28 18:44 | 療育、活動 | Comments(3)

短期スイミング その2

私がドキドキしてしまってましたが、お友達が一緒だったことと、事前に見学したことが良かったみたいで、プールサイドまで問題なく行けていました。

親も見学できたので、様子をみることもできました!

まずは、プールサイドに座って足をバタバタ。
すでにへの字口。でも泣かずにやってました。

プールサイドから先生のところにジャンプする、という部分では、事前に相談していたおかげで、息子の時は最初から先生が息子の脇を抱えて、抱っこ状態でやさしくジャンプモドキをさせてくれていました。
そして、
「すごい!!Tくん!!ジャンプ上手じゃない〜」
と、名前を言って褒める褒める!

その後の輪くぐりも、一番前で先生のすぐ後ろにしていただき、さりげなく息子の時だけ輪を高く上げてくれて、みんなは顔に水がついて輪をくぐっているけど、息子はアゴくらいまでしかつかないように配慮してくださってました。
でもやっぱり名前を呼んで誉めてくれて、だんだん息子の表情は笑顔いっぱいになっていきました!

足台を外した時には息子は怖くなったようで、手を上げて
「ぼくは怖くてできません」
と、大きな声で先生に伝えていました。(今までなら黙って逃げるか、泣くかだったから、大進歩です)
そこで先生、息子を無理やりにではなく説得しつつ抱っこして中に入れてくれて、お友達に問いかけました。
「ねえみんな?Tくん、上手だと思わない??」
すると子どもたち、「上手だよ〜」と言ってくれるではありませんか!なんて優しいんだ!

お友達に認めてもらったことで自信ができたようで、2人のうち1人の先生とマンツーマンにしてもらいながら、腕の浮き輪でプールサイドを持って歩く、ということをこなすことができました。
そしてそして、最終的には先生なしで移動できたんですよ〜!!!

たったの1時間のレッスンで、なんという進歩。
耳の周りや口元までは水が何度もかかっていたけれど、泣もせず、むしろずっと笑顔で終えることができました。
もう感動して泣きそうでしたよ。

教え方ひとつでこんなに変われる!
そう実感した出来事でした。

そしてなんと、毎週通いたいって息子からいいだしたんですよ〜〜!!!

終わったあと、お礼と息子が習いたいと言っているので入会についての問い合わせなどをするために電話をしたのですが、たまたまレッスンしてくださった先生が電話にでてくれたんです。
で、先生も「Tくん絶対習ったらいいな、って思ったんですよ!習わなかったらもったいないな、って思ってました」と言ってくださいました。

手のかかる生徒だけれど、こういうのをさりげない支援っていうんだなあ、と思います。
周りの子どもたちも、息子を特別扱いしているようには見えていなかったようだし、みんな楽しそうにレッスンしてました。

あと2日あるけれど、大嫌いだったプール、来月から習うことになりそうです(^-^)/
思い切って課題など相談してみてよかったし、良い対応していただいて感謝です。

就学まで保育園以外でも、いろいろな場面での息子の様子をしっかりみて、普通級か支援級かを決めていきたいと思います。

明日のレッスンも楽しみです(^-^)/


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-27 19:09 | 療育、活動 | Comments(2)

短期スイミング その1

今日は初の短期スイミング初日でした。
同じ保育園のお母さんに声をかけていただき、水が大の苦手の息子なのですが、そのお友達と一緒なら行ってみる!と言ったので、チャレンジしてみることに。(ちなみにそのお母さんには息子の発達障害のことは伝えておりません)

今日からだということは分かっていたようで、先週から月曜日(今日)のことを毎日聞いてくる…。
「足はつくかな?おぼれないかな?ドキドキする」
など…

短期だし、息子のことをスイミングスクールに伝えることもないかなあと思っていたのですが、診断名は伝えずに課題や気をつけてほしいことを事前に伝えることにしました。
ついでに場所の見学もお願いしました。

スクールには、
「初めての場所がとっても苦手で、動けなくなることもあるので、プールと更衣室とトイレを見せていただいてもいいですか?」
と伝えると、快く説明しながら見せてくださいました。
見学のときは、入り口で固まり抱っこでないと入れなかったし、最後まで抱っこでしたが、部屋やプールを見せてもらっている時には顔をあげてちゃんと見ていました。

そして、
■シャワーをとても嫌がること
■顔に水がかかることを極端に嫌うこと
■一度嫌な思いをしたら、頑なにやろうとしないことがある
などの課題を伝え、

■顔に水がつけれるようにならなくても、プールが楽しいという気持ちにさせたくて申し込んだこと
■たくさんほめてもらえると、やる気がでる(これは誰でもそうだと思うけど念のため)
という希望を伝えてみました。

まあ、診断名などを言わずとも、たくさんのお子さんを見ているスクールですから、すぐに分かっただろうとは思うのですが、名前を控えていただき、
「ご心配ないようにしてぅださいね。ちゃんと配慮します」
と優しい言葉をいただきました。

そんなこんなのスイミング。
初日の様子は長くなるので次の日記に続きます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-27 18:47 | 療育、活動 | Comments(0)

将来の夢(親の妄想)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-21 23:23 | 思うこと

言葉かけ

先週の金曜日から夏休みだった息子。
今朝は久しぶりの登園でした。

一ヶ月前に、朝の別れ際に私がバイバイを言わなかった(私は言ったんだけど、息子が聞いてなかっただけ(-。-;)、という理由で、その日から毎朝泣くようになっていた息子。
今日は休み明けだし、たくさん泣くだろうと覚悟して行きました。

お盆期間中は保育園もお休みモード。
いつもの担任の先生ではないので、連絡ノートにも朝は泣くことを書き、口頭でも伝えました。

いつもと違うお部屋なので、最初は部屋にも入れなかった息子ですが、息子が恐竜になりきっているのをすぐに気づいてくれた先生。
私が、「今はティラノサウルスにこってます」とこっそり耳打ちをしました。
すると先生、息子の名前を言わず、息子のことを「ティラノサウルスくん」と呼んでくれるではありませんか(^^)

不思議なことに、その途端部屋にも入ることができ、
先生が「ティラノサウルスくん、ママにバイバイ言おうね」
と言うと、泣かずにバイバイできたんです!

今日の先生は、年少の時に息子を担任してくれた先生で、その当時は軟体動物にこっていて、ずっとイカやクラゲになりきっていたことを良く覚えてくれていたみたいなんです(^-^)/

なんのキッカケで心がほぐれるのか、分からないものですね。
今夢中になっているティラノサウルスくんを認めてもらえたことで、安心したんだろうな、って思います。

ちょっとしたことに気づいてもらえること、言葉かけを工夫してもらえることで、ずいぶん違うんだんあ、と感じた今朝の出来事でした。
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-16 09:15 | 保育園年長 | Comments(0)

小学校に行ってきました

今日は来年行く予定の小学校に行って来ました。
校長先生と、支援級の担任の先生とお話しをさせていただいたのですが、気になっていたことをおききすることができて、行ってよかったです。

支援級は、来年度は息子が入れば三人。
四年生の男の子と五年生の女の子だそうです。

学習については、基本的に普通級と同じ内容を個別支援する形で行っているようです。
分かりにくいところはプリントなどで補って、その子にあった指導をしてくれているみたいでした。

教室を見せていただきましたが、視覚支援もそれなりにはしてありました。
息子が入った場合は、息子に合った形での視覚支援は対応できますよ、とのこと。

教育委員会の判定が支援級だった場合には、支援級に入れてもいいのかなあ、息子にはこの方が合っているかなあ、というのが率直な感想。
先生方と話したのは、気長にじっくりと今の時期に支援をすることが将来の自立にもつながるのでは、ということでした。

それも分かるけど、支援級に籍をおくことが本当に正しいのか、正直分からないんです( ; ; )

入学式のあとは、しばらく支援級で、少しずつ慣らしていくらしいんですが、入学して自分だけ違う教室に行くことを息子はどう感じるのだろう、どう説明するのがいいんだろう、というところも悩んでいます。

まあ、判定が来たらまた改めてその辺りを考えて行こうと思います。

とりあえず、行く予定の学校の支援級は、息子には良い感じだなあ、ということが分かっただけでもよかったのかな?

九月になって学校が始まったら、何度か見に来てくださいね、と言っていただけたので、また見学させていただこうと思います!
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-08 18:04 | 就学準備 | Comments(4)

キャンプに行きました

この5月から、YMCAの月一回の活動に参加しています。
年長さんの発達障害の診断を受けた子どもが参加する、療育とは違った形のレクリエーション活動です。
毎月いろいろなテーマで、保育士さんやボランティアさんたちと楽しい活動をします。
6月は綿菓子づくり、7月はプール遊び。
で、今月は一泊2日のファミリーキャンプでした(^-^)/

事前に視覚的なスケジュールを渡してもらえたり、さりげなくサポートしてもらえることもあって、息子はこの活動に一度参加しただけで大好きになりました。

今回のキャンプは2家族だけの少ない参加でしたが、ボランティアさんとたくさん遊んでもらえたので、楽しい時間となりました。
水嫌いの息子が川遊びをしたり、もう一人の男の子もそうめん嫌いなのに流しそうめんをたくさん食べたりと、苦手よりも楽しいが上まわったみたいで、見ていて嬉しくなりました。

携帯も繋がらず、テレビもない山奥でのキャンプでしたが、クーラーがなくても自然の風が心地よく、私にとっても素敵な時間となりました。
自然とたくさん触れ合うって大切なことですよね〜。

次回の9月の活動は、白玉団子作りとのこと。
キャンプで出会ったお友達や、ボランティアさんたちに会えるのを、今から楽しみに待っている息子なのでした(^-^)
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-05 20:03 | 療育、活動 | Comments(0)

普通級か支援級か

先月は、自治体の就学相談がありました。
相談、と言っても、その場でアドバイスをいただけるものではなく、子どもの様子の聞き取りをして、親の希望(普通級か支援級か)を聞くというだけのもので…
正直ちょっと疑問が残る就学相談でした。

もっと、普通級か支援級かを決めるポイントとか、支援級はどんなものかとか、メリットデメリットとか、そんなことをアドバイスしていただけるかと思ったんですけどね。

聞き取りの資料と発達検査の結果をまとめて、その資料をもとに委員会にかけて判定をする、ということらしいです。
隣の市では、担当者が保育園の様子を見にきたりもするらしいんですが、私が住んでいる自治体はそういうこともなし。
紙の書類だけで判定するって、どんなんでしょうねえ?聞き取りをした人は委員会の人ではないらしいし。(市の職員?)

そんなこんなで、最終的には親の判断ってことになるわけなので、自力でいろいろと調べないといけません。

普通級オンリーでは無理だろうから、
◆普通級+他校の通級指導教室
◆支援級に籍をおいて、受けられる授業を普通級で受ける
の二つで悩んでいます。

まずは来週小学校の校長と支援級担当の先生と面談の約束をしました。
9月に入ったら支援級の見学をさせていただく予定です。

う〜ん、どっちがいいんだろう。
悩むなあ。
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-01 13:30 | 就学準備 | Comments(0)


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

最新のコメント

鍵コメさんへ(Taiママ..
by taitai-nikki at 08:39
ももぞうさん、あけまして..
by Taiママ at 08:22
あけましておめでとうござ..
by ももぞう at 22:55
鍵コメさん お返事遅く..
by Taiママ at 19:52
ももぞうさんこんにちは^..
by Taiママ at 15:07
キャンプいいですね! ..
by ももぞう at 08:53
たくさん遊べて楽しく、い..
by Taiママ at 14:19
大人でも海は浮き輪がない..
by ane at 07:00
ももぞうさん、ありがとう..
by Taiママ at 13:08
おまめくんの夢、、心がポ..
by ももぞう at 14:57

ライフログ





画像一覧