カテゴリ:療育、活動( 11 )

デイサービス順調です

5月から児童デイサービスに通い始めた息子。
2カ所見学して、どちらも行きたいと言うので、月3日と月2日(受給者証の限度が月5日なので)と、2カ所のデイサービスに通っています。

1カ所はほぼ定員のデイ。
余暇活動がメインです。
毎週、書道、クッキング、茶道、音楽活動といった活動をします。
簡単な学習支援もあり、学校の宿題などを教えてもらえます。

もう1カ所はオープンしたばかりのデイ。
手探り中のようですが、息子とあわせてまだ3人しかいないので、様子をみて内容を考えるらしいです。

で、どちらも気に入ったようで、順調です。
来月から送迎も大丈夫そうだな。

今日は子どもがたくさんいるほうのデイサービスですが、行く前も楽しみにしていた様子。
『デイサービスではねえ、なめこが流行ってるから、なめこの筆箱ほしいな』
と言っていました(^ ^)

全国の小学生の間で流行ってるけど、小学校に行ってない息子にしたら、デイサービスで流行ってるって思ったんだな。
なんかかわいい。

そんなこんなで、小集団になれることからスタートです。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-05-27 17:44 | 療育、活動 | Comments(0)

新しいスイミング

先週、先生が変わって対応がものすごく変わってしまい、一時間怒られっぱなしだった息子・・・。見ているほうも辛かった。ということで、昨年9月から通っていたスイミングをやめることに決めました。

で、どうしてもスイミングを・・と思っているわけでもないのですが、以前からどうかな〜?と思っていた別のスイミング教室(距離がちょっと遠いのですが・・)があったので、体験に行ってきました。

今まで通っていたスイミングは、大きなスミングスクールでした。家から近いのが利点でしたね〜。
でも、幼児と学童に分かれている、春になると先生が変わる、毎月バッジテストがあって、息子は毎回不合格なのでテンションが少しずつ下がるということがありました。(一番簡単なテストが顔付け5秒なんですが、これがなかなか・・・)

今回体験に行ったところは、市民プールを使って、先生が個人でやっている教室です。
障害のある子どもに月一回、ボランティアで水泳を教えてくれる教室(無料)と、同じ先生で通常のスイミング教室もあるということなので、両方体験することにしました。

で、今日は月1のボランティア教室の体験に行ってきました。
様子はというと、とっても楽しんでいました^^

来ているお子さんは、中学生以上の大きいお子さんばかりだったので、うちの子がとってもちびっこに見えました。
少人数だったのと、大きいお子さんなのでもくもくと泳ぐ子、お父さん、お母さんと一緒に来ている子たちがいたため、息子は先生にほぼマンツーマンでたくさん遊んでいただいた感じです。

先生は男の先生でした。
今まで息子は男の先生が苦手だったのもあり、難しいかと思っていましたが、とても優しかったらしく、ガラス越しに見えた息子がずっと笑顔だったのが印象的でした^^

先生いわく、ボランティアの教室でももちろん構わないけど、できれば毎週の教室に入ったほうがよいのでは?ということでした。教室には、他にも発達障害のあるお子さんもいらっしゃるとのこと。焦らずゆっくり教えてくださるというお話しでした。

息子は今日のプールがとても楽しかったらしく、同じ先生なら習いたい!!と言っています。(何度も「先生変わらない?」と聞いておりました)
個人の先生の教室なので春になったら先生が変わるということもないし、幼児も学童も同じだそうなので、息子の進み具合が遅すぎることも気を使わなくても大丈夫かな?(逆に、親が周りの子と比べて焦ったり怒ったりしないよう長い目で見守ってください、と案内用紙に書いてあったくらいです。)

通常の教室でも、テストは3ヶ月に一回で、一番簡単なものが「あひるさん歩き」その後「かにさん歩き」などが続き、4番目に顔付け5秒になってたので、テストに合格する喜びを味わうこともできそうだなあ、という印象です。

毎週の教室だと、今日のようにマンツーマンで遊んでいただくということはないとは思うので、体験してからどちらにするか考えてみようと思います。

ということで、来週の土曜日は通常教室の体験です^^
同じ先生だし場所に慣れることもできたので、先にボランティア教室に参加できたのは良かったと思います。

一応プールに対しては意欲的?な息子なので、スイミング楽しく続けられたらよいな〜と思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-05-19 20:59 | 療育、活動 | Comments(2)

スイミングその後

昨年9月からはじめたスイミング。
8ヶ月通って、顔つけ5秒でもらえる最初のバッジがもらえていないけど、楽しく通っていたので続ける予定でした。

この4月は精神的に崩れていたのでお休みし、今日から新年度クラスのスタートでした。

1年生になったので、幼児クラスから学童クラスに変わらなければならず、先生も変わったのでどうかなあ、と思っていました。

本人は
『久しぶりで楽しみ〜♪』
と笑顔で行ったし、先生が変わることも理解していたので、安心していたのですが…。

先生がスパルタだったんです(´Д` )

診断があることもつげているし、顔に水がかかるのは感覚過敏のせいもあるので、無理強いだけは避けてもらって楽しく通えていました。
5秒は無理でも、自ら顔つけして3秒くらいはできるようになったし(家族からすれば奇跡に近いくらいすごい)、腕に浮輪をつけていれば補助なして泳げる(これもすごいこと)ようになっていました。

なのに〜!

予告なしで頭まで水をつけること(先生が手を持って飛び込みをさせるけど、そのときに先生が力を抜いて頭までジャブンさせること)は絶対NGだったのに、伝えていたのに、いきなりやっていて…。
大泣きして逃げようとする息子に大声で叱責。
罰として?息子だけプールサイドで座らせる(動いたら怒る)ということを20分くらいはさせて、その後も力づくでさせていました。

その他、イチイチ息子を名指して怒る、注意する。
この先生、こういうタイプの子が嫌いなんだろうなあ。

少し前の息子なら、パニックを起こして逃げていたところだけど、最後まで頑張れたのは成長したと感じました。
見ていて1時間は持たないだろうと思っていたら、一応最後まで頑張れたので。
(まあ、先生が恐くて逆らえなかったんだと思いますが)
前の先生も引き継ぎはしていたようですが…うまく伝えるのって難しいですよね。きっと誤解して伝わっていて、『私が力づくでなんとかしてみせる』みたいな、変な意気込みは感じました。

終わったあとに今の先生から、
『来週からどんなに嫌がっても泣いても暴れても連れてきてくださいね』
とくぎを刺されてしまいました。

しかし先生がいなくなったあと、泣いて暴れて、本人は絶対無理と言ってます(。-_-。)

無理矢理させて偶然でも成功体験をさせてできるようになる、というなら苦労はしないんです。

時間を変わるとかいろいろあるけど、どこかで無理が出てくると思っていたので、ここのスイミングは続けないつもりです。
幼児クラスと雰囲気違いすぎた…。

別のスイミングで、月に一回の遊びメインのクラスがあるようなので、そこに行ってみようかな、と思います。
楽しめるといいけど。

なんとか水嫌いを克服してプールが好きになったばかりです。
プールが嫌いで終わらないようにしたいなあ、と思います…。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-05-11 16:10 | 療育、活動 | Comments(0)

おいもほり

今日は、月一回のYMCAの活動の日。
朝から15時まで、お弁当を持ってマイクロバスに乗って、おいもほりです。
親とは別れて、先生とボランティアさん、6人の子どもたち(みんな自閉っ子)で行きます。

ずっと楽しみにしていたのだけど、保育園に行けなくなってから、初めて長時間私と別れることになります。
どうかなあ、と気にはなっていました。

そして、直前になって
「ドキドキするから行けない」
と、息子。

どうしても無理なら行かなくても良いけど、一応バスの中を見てみることにしたら、それは納得して、一緒にバスに入りました。

夏にキャンプに行った時に使ったバスと同じバス。
キャンプの時に隣に座ってくれたボランティアさんもいました。

「同じお姉ちゃんと同じ席に座るなら行ける」
と言ったので、先生に確認。
オッケーの返事を頂くことができました。

もう一つ、息子が、保育園に行けないことを今日の先生に伝えてほしいというので、事情を先生に説明。
久しぶりに離れるので不安なようです、とお伝えしておきました。

どうやらそれで安心したようで、その後はさっさとバスに乗り込み、席にすわっていた息子なのでした。

とりあえず無事に出発!
今頃おいも掘ってるかな〜(^^)

ひとつずつ葛藤を乗り越えて成長しているようで、一安心の朝でした。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-10-21 11:32 | 療育、活動 | Comments(0)

運動能力の発達年齢

息子の受けた発達検査では、細かい発達年齢などは出ないものだったようなので、詳しくは分かりませんが。
二つの動きを同時にできないことなどから、2歳後半から3歳くらいの運動能力なのかな、という感じです。
(実年齢は5歳半)

今までは滑り台なども怖がって全くやろうとしなかったのですが、ここ最近アスレチック遊具で遊ぶことを楽しめるようになりました。

発達がアンバランスな子どもも、ゆっくりですがもちろん発達はします。

近頃では息子の運動能力年齢が、3歳くらいになってきたのかな?という感じがしています。

ということで連休は、大型アスレチック遊具のある公園に行きました。
(先日相談にのっていただいたデイサービスの先生から、斜め体験(傾斜を登る、滑り台で遊ぶなど)が大事、ということもお聞きしたということもあったし、天気も良かったので(^^))

この公園には何度もいっていますが、確実に成長を感じます。
滑り台も、3歳くらいを対象にしたものならガンガン滑っていました。(でも大きな子対象の滑り台はまだ怖がります)
今求めている刺激をたくさん体験できるようにしていかないとな〜って思います。

発達のアンバランスの意味を良く理解していなかったのですが、確かに今息子の身体能力が3歳だとしたら、保育園の活動はいっぱいいっぱいになるのも無理ないですね。
登園拒否の理由もやっぱりそこにあったのかもしれません。

今は保育園を休んでいるので、今日も近所の公園でたくさん遊んできました。
自転車(コロ付き)も、そろそろ乗れるようにしたいですね〜!(いまだにこげませんので…)
運動の秋なので、気持ちのよいこの時期にいっぱい体を動かしたいと思います!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-10-09 20:31 | 療育、活動 | Comments(2)

感覚統合の話し

今日はお昼前に迎えに行きましたが、保育園に行くことができました。
まだ門までは足が動かないけれど、焦らず少しずつですかね(^^)

午後からは、市内の児童デイサービス(通っているところとは違うところ)の無料発達相談に行ってきました。
ここのデイは満員で通えないんですが、息子の様子を見ていただき、家庭でもできる療育のアドバイスなどもいただけ、とても良かったです。

息子の様子を見ていただき、私からの話しを聞いていただいた感じでは、息子には感覚統合の療育が必要ですね、ということでした。


要するに、定型発達の子どもは積み木を積み重ねるように自然と年齢に沿った発達をしていき、概ね6歳くらいで感覚統合されるらしいのですが、発達障害の子どもはスタートラインがデコボコでアンバランスなので、自然には積み木が積み上がらない、なので療育で感覚統合に向けての運動や活動を取り入れる必要がある、ということのようです。

感覚統合されれば、推理力、集中力、対人面、学習意欲、自信などなどその他いろいろ備わってくるということですが、感覚統合されずに成長していくと、学校生活も困難が多くなるようで…。
なるほど〜とうなづくばかりのお話しでした。

自閉症の特性が絡むので、発達のデコボコによるものか特性によるものか分からず、発達段階を見逃しがちなのも問題らしいので、特性はあるけれど発達していることを念頭におき、発達年齢(実年齢ではなく)に合った活動、運動を積極的に取り入れることが大切、ということでした。

自閉症の特性と発達年齢の遅れは分けて考えること。
これは新たな発見でした。

具体的に、バランスボールを使った運動、家庭用トランポリンでできる運動を教えていただきました。
息子はこの春くらいまで、トランポリンも怖がってやらなかったのですが、最近やりたがっています。
求めている刺激が今必要な刺激とのことで、今がタイミングですよ〜ということも言っていただきました。
毎日20分〜30分くらいで良いみたいなので、家でも取り組んでみます(^-^)/

あとは坂道、砂利道、階段を歩くこと。
少し重い荷物を持ってみること。(重さの感覚)
料理を一緒に作ること。
これらは、毎日ではなく楽しみながら時々取り入れて行くといいですよ、ということで。
お弁当を一緒に作って、自分の荷物を各自で持って家族でハイキング、がオススメみたいです(^^)

発達年齢がデコボコだと、保育園では無理なことも要求されるし、とにかく息子にとっては混沌としたわけの分からない場所なのではないか、とも言われました。
行きしぶりは、特性の部分は道具(スケジュール、イヤーマフ)で改善し、活動や運動を発達年齢に合ったものにしていくと、改善されるかもしれませんね、というアドバイスもいただきました。

いろいろ勉強していかないと〜と、改めて思いました!
これからもがんばります(^-^)/



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-10-02 21:54 | 療育、活動 | Comments(0)

短期スイミング その4

せっかくなので最終日の様子も記録しておきます!

やはり昨日イキナリ頭から水をかぶったために、全体的に「できない」を繰り返していました。
ただ、初日から思ったのですが、まずは自分の意見を言えているので、だまって逃げることをしないということは大進歩なんでしょうね。

先生の対応が面白くて、
「じゃあ、Tちゃんは監督になってみんなを見ててね」
と言い、終始息子のことを「監督〜」と呼んでいました。(笑)
それで、みんなが課題をやった最後に、
「監督も見本を見せよう」と言って、でも嫌がっていたのですが、そこはやらなくていいとは言わず。
「先生がずっとついてるから大丈夫」
と言って、顔をつける課題も鼻より下まででしたが、最終的に息子の意思でやりとげることができました。

他の子は、初日泣いていた子も含めてみんな頭まで潜れちゃってたんだけど…
でも、自分の意思で口元まで顔を持っていけたというのはものすごいことだよなあ、と、見ながら思いました。

さて、それ意外にもいろいろと息子の様子が分かりました。

まずはみんなが体操座りして話しを聞いている時には、息子一人「ガメラ」になっていたり(−_−;)
同じくみんなが体操座りしている時にギターを弾くゼスチャーをして踊っていたり…
走り回ったり、集団から外れることはありませんが、一人の世界に入り込んでいる時間の方が長かったです。
話しは聞いておらず、周りが動いたのを見て動き出すって感じでした。(これは全て保育園の先生から聞いていたことと同じです。)

でも、安心したのは、先生が声をかけて座るように促すと、声が届いた場合は指示に従っていたところです。(何度か呼ばれないと気づかなかったけれど…)
集団での様子をじっくり見ることができたのも、大きな収穫だったかな〜と思います。

そんなこんなの三日間。
いろんな意味で濃い時間でした。

早速来週木曜日から毎週通うことになりました。
ドキドキです…


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-29 20:59 | 療育、活動 | Comments(0)

短期スイミング その3

さて、今日の様子ですが、今日はイキナリ頭まで水に浸かってしまいました!
きっと先生、昨日ずっと笑顔だったから、他の子にしているのと同じようにしただけだったと思いますが。

案の定大泣き。
次のこともやりたくないと座り込む…

どうなるかな、と思って見ていたら、先生は「やりたくない」と言ったことは「やらなくていいよ、見ててね」と言って順番を飛ばし、しかし最後に「抱っこしてあげるからやってみよう」と抱えてプールへ。
あくまでも優しく…

それでも嫌がるかなあと思っていたら、大人しく抱かれていました。
その後もいちいち「やらない」と言っていて、でも最後に抱っこでを繰り返していました。

プールサイドからの飛び込み(先生が受け止める)は、昨日できたのに今日は頭から水をかぶったので、プールサイドに立つこともできず、座った状態で抱っこで入っていました。
でも、三回目くらいには中腰になっていたし、「やらない」とも言わずにやっていたので、驚きました。

最後の滑り台では、一応最後に並んでいて、優しく抱えてもらって三回はすべりましたね〜!

ということで終了。

もう習うのやめる、って言うかと思ったけど、習いたいと言っていたので、大丈夫だったのかな?
(もしくは自閉っ子の特徴で、習うと決めたから変えれないだけとか?)

ただ、前半大泣きしたわりには逃げださなかったし、終わった後には大きな声でご機嫌ソングを歌っていたので、楽しかったようです。
(ちなみに大きな声で、ママだいすき〜♪ママにあえてうれしいよ〜♪すきすき〜♪という歌を大声で歌っていました。周りのみんな笑ってた…)

明日で短期は最後だけど、親がこの子は水が苦手だから水泳は無理!と決めつけてもいけないし、習いたいと言ったので、九月から習わせてみることにします。(今月中に申し込むといろいろ特典があるので、悩んでいる時間があまりない、というのもある)

今日申し込む時に、さら念のため
「年長児ですが、年少さんと同じようなテンポで進めていただけると嬉しいです。泳ぎの上達が目的ではなく、水嫌いを克服することを目的にしているので、進みはゆっくりで構いません」
とお伝えしておきました。

まあ、やってみないと分からないので、これ以上の心配はやめておきましょう。
明日はどうなることやら。
楽しみのような、不安なような…


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-28 18:44 | 療育、活動 | Comments(3)

短期スイミング その2

私がドキドキしてしまってましたが、お友達が一緒だったことと、事前に見学したことが良かったみたいで、プールサイドまで問題なく行けていました。

親も見学できたので、様子をみることもできました!

まずは、プールサイドに座って足をバタバタ。
すでにへの字口。でも泣かずにやってました。

プールサイドから先生のところにジャンプする、という部分では、事前に相談していたおかげで、息子の時は最初から先生が息子の脇を抱えて、抱っこ状態でやさしくジャンプモドキをさせてくれていました。
そして、
「すごい!!Tくん!!ジャンプ上手じゃない〜」
と、名前を言って褒める褒める!

その後の輪くぐりも、一番前で先生のすぐ後ろにしていただき、さりげなく息子の時だけ輪を高く上げてくれて、みんなは顔に水がついて輪をくぐっているけど、息子はアゴくらいまでしかつかないように配慮してくださってました。
でもやっぱり名前を呼んで誉めてくれて、だんだん息子の表情は笑顔いっぱいになっていきました!

足台を外した時には息子は怖くなったようで、手を上げて
「ぼくは怖くてできません」
と、大きな声で先生に伝えていました。(今までなら黙って逃げるか、泣くかだったから、大進歩です)
そこで先生、息子を無理やりにではなく説得しつつ抱っこして中に入れてくれて、お友達に問いかけました。
「ねえみんな?Tくん、上手だと思わない??」
すると子どもたち、「上手だよ〜」と言ってくれるではありませんか!なんて優しいんだ!

お友達に認めてもらったことで自信ができたようで、2人のうち1人の先生とマンツーマンにしてもらいながら、腕の浮き輪でプールサイドを持って歩く、ということをこなすことができました。
そしてそして、最終的には先生なしで移動できたんですよ〜!!!

たったの1時間のレッスンで、なんという進歩。
耳の周りや口元までは水が何度もかかっていたけれど、泣もせず、むしろずっと笑顔で終えることができました。
もう感動して泣きそうでしたよ。

教え方ひとつでこんなに変われる!
そう実感した出来事でした。

そしてなんと、毎週通いたいって息子からいいだしたんですよ〜〜!!!

終わったあと、お礼と息子が習いたいと言っているので入会についての問い合わせなどをするために電話をしたのですが、たまたまレッスンしてくださった先生が電話にでてくれたんです。
で、先生も「Tくん絶対習ったらいいな、って思ったんですよ!習わなかったらもったいないな、って思ってました」と言ってくださいました。

手のかかる生徒だけれど、こういうのをさりげない支援っていうんだなあ、と思います。
周りの子どもたちも、息子を特別扱いしているようには見えていなかったようだし、みんな楽しそうにレッスンしてました。

あと2日あるけれど、大嫌いだったプール、来月から習うことになりそうです(^-^)/
思い切って課題など相談してみてよかったし、良い対応していただいて感謝です。

就学まで保育園以外でも、いろいろな場面での息子の様子をしっかりみて、普通級か支援級かを決めていきたいと思います。

明日のレッスンも楽しみです(^-^)/


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-27 19:09 | 療育、活動 | Comments(2)

短期スイミング その1

今日は初の短期スイミング初日でした。
同じ保育園のお母さんに声をかけていただき、水が大の苦手の息子なのですが、そのお友達と一緒なら行ってみる!と言ったので、チャレンジしてみることに。(ちなみにそのお母さんには息子の発達障害のことは伝えておりません)

今日からだということは分かっていたようで、先週から月曜日(今日)のことを毎日聞いてくる…。
「足はつくかな?おぼれないかな?ドキドキする」
など…

短期だし、息子のことをスイミングスクールに伝えることもないかなあと思っていたのですが、診断名は伝えずに課題や気をつけてほしいことを事前に伝えることにしました。
ついでに場所の見学もお願いしました。

スクールには、
「初めての場所がとっても苦手で、動けなくなることもあるので、プールと更衣室とトイレを見せていただいてもいいですか?」
と伝えると、快く説明しながら見せてくださいました。
見学のときは、入り口で固まり抱っこでないと入れなかったし、最後まで抱っこでしたが、部屋やプールを見せてもらっている時には顔をあげてちゃんと見ていました。

そして、
■シャワーをとても嫌がること
■顔に水がかかることを極端に嫌うこと
■一度嫌な思いをしたら、頑なにやろうとしないことがある
などの課題を伝え、

■顔に水がつけれるようにならなくても、プールが楽しいという気持ちにさせたくて申し込んだこと
■たくさんほめてもらえると、やる気がでる(これは誰でもそうだと思うけど念のため)
という希望を伝えてみました。

まあ、診断名などを言わずとも、たくさんのお子さんを見ているスクールですから、すぐに分かっただろうとは思うのですが、名前を控えていただき、
「ご心配ないようにしてぅださいね。ちゃんと配慮します」
と優しい言葉をいただきました。

そんなこんなのスイミング。
初日の様子は長くなるので次の日記に続きます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2012-08-27 18:47 | 療育、活動 | Comments(0)


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

最新のコメント

鍵コメさんへ(Taiママ..
by taitai-nikki at 08:39
ももぞうさん、あけまして..
by Taiママ at 08:22
あけましておめでとうござ..
by ももぞう at 22:55
鍵コメさん お返事遅く..
by Taiママ at 19:52
ももぞうさんこんにちは^..
by Taiママ at 15:07
キャンプいいですね! ..
by ももぞう at 08:53
たくさん遊べて楽しく、い..
by Taiママ at 14:19
大人でも海は浮き輪がない..
by ane at 07:00
ももぞうさん、ありがとう..
by Taiママ at 13:08
おまめくんの夢、、心がポ..
by ももぞう at 14:57

ライフログ





画像一覧