カテゴリ:息子の感覚( 7 )

共感覚について再び

1年半くらい前にもブログに書いているのですが、「共感覚があるらしい」、少し詳しく聞いてみたのでまた書いてみます。

息子くんは、音に色を感じるらしい、ということは本人から聞いていたのですが、どんな感じに見えるのか具体的に聞いてみました^ ^

絵を描いてもらったのですが、

e0286326_11343637.jpg


ちょっとバラバラでわかりにくいので解説しますと…

形の下に音階が書いてあります。
ピアノで一つずつの音を弾いて、描いてもらいました。

ド→黄緑(四角が二つではなくて立方体だそうです)
レ→赤(ピラミッド型)
ファ→オレンジ(横長の直方体?)
ソ→青と黄色(三角の立体)

ちなみに「わ」と書いてあるのは、私の声です。(声のトーンによって色が違うようです)

何か音を聞くと、こういうのが頭の中にいっぱい出てくるんだそうです。
音によって色も形もいろいろあるようです。

綺麗な音楽は見えるものも綺麗なんだそうですよー。^ ^

あとは、数字も動くようで。
例えば2だったら横にゆれていて、8だったらピョンピョン跳ねているんだとか。

うーーーん、不思議だなあ。

息子にとってはこれが普通なので当たり前の感覚のようなのですが、一度私も味わってみたいものだなあーと思います。
[PR]
by taitai-nikki | 2014-12-08 11:43 | 息子の感覚 | Comments(4)

未来の自分

息子は小さい時から不思議なことをよく言うのですが、最近でもまだまだ不思議なことを言います。

昨日のこと。
私が疲れていてため息をついたのですが、息子が私に向かってこう言いました。

「元気だしてね。いつでも自分で自分を好きでいなくちゃいけないよ。」

なかなか良いこと言うじゃないのーと思ったのですが、私がよく言って聞かせているわけでもないので、誰かに言ってもらったことあるの?って聞いてみました。
すると、

「未来の自分に教えてもらった」

と言うんですよ。
またまた不思議発言だなあ。

こういうことを言うと根掘り葉掘り聞きたくなって、いろいろ質問してみました。

私「未来の自分にはどこで会えるの?」
息子「頭の中だよ」
私「いつも会えるの?」
息子「時々ね」
私「でも、そういっていろいろ教えてくれるなんて、やさしいよね」
息子「ぼくはやさしいからねー」
私「未来の自分は何をしているの?」
息子「アメリカで化石掘ってるかな」
私「未来の自分は幸せ?笑ってる?」
息子「すっごい幸せそう。ニコニコ笑ってる。」

だそうです。
なんだか日々のいろいろな心配ごとも吹っ飛びました。

そのビジョンははっきり見えるんだそうですよ^ ^
面白いなあ。

そうかあ、笑ってるんだね。幸せなんだね。
想像したらちょっとウルウルきてしまいました。

今日は昨日とはうって変わって元気に登校していった息子くんなのでした。
[PR]
by taitai-nikki | 2014-05-16 09:49 | 息子の感覚 | Comments(0)

記憶の時系列

以前もブログに書いたことがありますが、息子は例えば今日何をしたか、という質問に答えられません。
何をしたのか覚えてないと言います…。

正確に言うと、教えれば内容は思い出すことができるので、うまく引っ張り出すことができないだけで、本当に忘れているわけではありません。

学校の宿題で毎日日記を書いていますが、何を書くかは時間割やスケジュールで確認するか、私が出来事を教えるかしないと書けません。

毎日日記の宿題は家で私と一緒にやっていたのですが、先日はデイサービスでさせることにしました。
事前に何を書くかは話しをして、前日の図書館に行ったことを書く、ということになったので、安心していたんですよねー。

で、書いた日記を見てみると…

………

ぼくはきのう、プラネタリウムにいきました。
ほしをたくさんかんさつできてたのしかったです。
またいきたいです。

………

と書いているではありませんか………。
プラネタリウム、前日には行ってないけど。っていうか、行ったのずいぶん前だけど…。

多分、書く前に何を書くかを忘れてしまって、一生懸命思い出してみたらこの記憶が出てきたんでしょう。よっぽどプラネタリウムが楽しかったんだろうけど。
うーむ。
本当に記憶の仕方が時系列じゃないんだな、と再認識した出来事でした。

過去のことも、先のことも、混沌とした中にいるのかもしれないな、と感じました。
息子がスケジュールあると安心できるのも(学校では時間割でオッケーなんですけど)納得です。

頑張って書いたようなので、訂正させずに褒めておきましたけど。
一応プラネタリウムに行ったのはずいぶん前だよね、って話しをして、前日の1日を教えたら思い出したようで、
「うっかり間違えてしまった。えへへσ^_^;」
と笑っておりましたので、間違えたことのショックなどもなかったみたいです。

少し大きくなったら手帳で自分で管理できるようになれば大丈夫かな。
スケジュールも上手に活用して、不安なく安心して毎日を過ごせるように工夫していきたいな、と思いました。
[PR]
by taitai-nikki | 2014-01-22 16:01 | 息子の感覚 | Comments(4)

感覚過敏いろいろ

PEP-Rという発達検査を1年前に受け、その検査で感覚過敏が強いと指摘されました。
この検査は自閉症に特化した検査で、その後の療育方針を決める参考にするための検査です。

検査の合間に、いろいろな音を出したり体に触れたりして反応をみます。

◆聴覚の過敏
◆皮膚の感覚の過敏(痛みに敏感)
◆視覚過敏

を指摘されました。

私が見ている感じでは、匂いの過敏や味の過敏もあります。

匂いに関しては、どうしても入れないお店や学校の教室があります。
学校ではパソコンルームには入れず、大好きなパソコンの授業は受けていません。
時々歩いていても鼻をふさいで歩いています。

味覚は、給食のステンレスの器が苦く、食べ物の味が変わるといいます。
それでも食べられる食材は食べていますが、偏食もすごいので…。なかなか給食は厳しいです。(今は支援級で食べているし、怒られることもないので、楽しく食べていますけどな。学年が変わったら先生によってはダメだろうなあ…)

あとひとつ。
これも感覚過敏からではないか?とカウンセリングの先生に指摘されたことが、空腹時のフラフラなんですけど…。

給食は12時半くらいから食べますが、どうしても空腹に耐えられず、状態が崩れます。
最初はイライラ、その後電池がきれたように倒れこみます。
お腹がすいた、と言い、動けません。給食の準備も進みませんし、その前の4時間目なんて後半はダウンです。
みんなお腹が空いているんだよ、なんてことは分かってるんだと思うんですけど、どうみてもワガママにしか見えない感じですいね。

カウンセリングの先生が、もしかしたら空腹も私たちが感じる以上に敏感に感じている可能性はありますよね?学校の合間に何か食べるのはできませんか?

と言われたのですが、やはり息子だけオニギリ食べるとかはできません。

いろいろ考えて、今は2時間目から登校して、9時すぎに家でオニギリやバナナなどを食べさせてから行っています。
それなら少しは持つらしく、フラフラしながらも給食の準備はできているので、しばらくこれで行こうと思いますが。

血糖値が下がってるってことあるのかなあ?血液検査したことないし分からないけど、状態としては近い感じにみえます。

感覚の感じ方は推測しかできないけど、もんのすごい空腹感を感じているんだとしたら辛いだろうし、かといって周りの理解も得られにくそうな問題だよなあ…。

今日も2時間目から登校します。
もう6年間それでもいいんだけどね!!
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-27 08:28 | 息子の感覚 | Comments(8)

時間の感覚

昨日は、1年前から始めた療育機関の面接の日でした。

まずは最近の学校の様子などをこちらから報告。
少人数でのクラスで過ごしていること、時間割などスケジュールが保育園に比べてハッキリしていて安心、ということが行けている大きな理由なのかな、というお話しでした。

我が家の場合は入学式にもでずに不登校だったので、学校に行った上で休んでいるわけではなかったので、様子をみながら進めていったのもよかったのかもしれません。

療育目標は、スケジュールを見て自分で動けること、お友達と過ごして楽しいという実感が持てること、あとは勝ち負けのゲームなどへのチャレンジなどでした。
ソーシャルスキルは、年齢ととも徐々に、という感じで取り組むそうです。

面接の中で、療育とは関係ないけど気になっていたことを聞いて見ました。
息子が毎日日記を書くときに、1日のことを覚えていないことが気になってたんです…。
例えば学校へ行ったことも、療育へいったことも、買い物にいったことも、私が言わないと思い出せないんです。
逆にいえば言ったら思い出せるので、記憶にないわけではないんですよね。

これは、エピソードの記憶と時間の流れが一致していないのでは?という見解でした。
おそらく記憶の処理の仕方が全く違うのではないかと。

普通は、今日何したかと聞かれたら、朝から夕方までざっくりとやったことを順番に答えるんだと思いますが、その記憶がいつの記憶なのか分からないんじゃないか?というのです。(うまく説明できません…。)

これは、自閉症の方が起こすフラッシュバックとも関連があることらしく、何かのキッカケで数年前の記憶があたかも今起こっているかのように鮮明に感じてしまう、ということにもつながるようです。

ずいぶん前の記憶と今日のことがごちゃっと入っていて、取り出すのが難しい感じなのかなあ?
まあ、スケジュール見たり言われたりしたら思い出せるので、引き出すのがうまくできないだけかもしれませんが。

息子と似たタイプのお子さんで、5年生で少しずつ引き出せるようなったとお聞きしました。
少しトレーニングがいるようです。

もう少し大きくなったら、自分で手帳の管理ができるようになると違うかなあと思います。
そして今は、毎日短くても良いので日記をつけるのは良いことらしいです。なので続けよう!

息子いわくですが、
『今を生きてるんだから今が分かればいいんだよー』
とのことらしいですけど…。結構お気楽な息子です。
スピリチュアルな考えで言うところの、『今ここ』の感覚なのでしょうかね。

自閉っ子の脳みそは奥が深いなあ、と改めて思った面接でした。
[PR]
by taitai-nikki | 2013-11-22 17:09 | 息子の感覚 | Comments(4)

共感覚があるらしい

共感覚とは

共感覚 - Wikipediaによると…
共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, synæsthesia)とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。

だそうですが…。

昨日はカウンセリングの日でした。
息子の様子や、音に対する過敏、音楽への関心などの話から、心理の先生が
『息子さんは音の共感覚があるのでは』と言われました。

共感覚って知らなかったんですけど、文字や音に色を感じたりすることらしいです。
共感覚は人間はみんな赤ちゃんの時にはあるものらしく、生きていくのに邪魔なので消えていくんだそうです。
でも稀に共感覚を持ったまま大人になる人もいるらしく。
例えば音の共感覚を持っていることで、音の刺激に弱かったり、集団に入れないことがあったりするらしいです。

共感覚自体は悪いものでも直るものでもないらしいですが、あることが分かれば、それを生かすこともできるし、苦痛を軽減するヒントにもなるとのことです。

共感覚を持っっていても、本人には当たり前の感覚なので、特にそれを変だとも思わないし、人に話すこともあまりないようです。

で、カウンセリングのあとに聞いて見ましたよ。

『◯◯くんって、音がすると色が見える?』
すると、
『見えるけどそれがなに?』
って答えが。

見えるんだ〜!

ちなみにどんな風に見えるのかと聞いてみたら、空気中に見えるのではなく、頭の中に色が浮かぶ感じなのだそうです目を開けていても見えるんだって。
音楽だけに見えるかと思いきや、人の話し声や物音というか、ありとあらゆる音に反応して見えるんだそうです。

息子にしてみたら、
『うっそ〜?みんな見えないの?』
と、かなり本気でビックリしてました。

なので綺麗な音のでる楽器を触ると心地よく、キラキラな世界に没頭するようですね。

それって大変じゃない…?
日常生活をおくるのもしんどそう…。

どんな感じか想像することしかできないけど、人が多いところには行きたくないっていうの分かる気がします。

これは自閉っ子の特徴かどうかは分からないらしいですが、自閉っ子で共感覚ある子は結構いるというお話しでした。

改めて、息子の頭の中を覗いてみたいような気もしたし、息子の生きづらさを改めて考えてしまいました。

いろいろ勉強になるカウンセリングです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-06-12 16:01 | 息子の感覚 | Comments(6)

脳みそスイッチ

我が家の息子くん。
お正月に興奮しすぎたのか夜更かしがたたったのか、昨日から発熱(-。-;
今もぐっすり眠っています。
熱があっても機嫌がよくて熟睡できていれば、そんなに心配しなくなりました。明日には下がるかな〜?

息子くんですが、今夢中になっているのはゴジラ。
なぜにゴジラなのか…。基本的に好みが昭和です…。

実はゴジラは1年前からハマっていて、一度ガメラやウルトラ怪獣に変わった時期もありましたが、ここにきてまたゴジラに戻っています。
好きなものは深くハマって次に移るのですが、こうして戻るパターンは珍しいですねえ。

そんなこんなで今はゴジラに夢中。
私のiPadでYouTubeを見るのがお気に入りなのですが、もう自分でキーボードを入力してゴジラの映像を検索して見ることもできます。
放って置いたらずっとみちゃうので、制限はかけてますけどね。

で、他のテレビを見たり別の遊びをしている時でも、ふと
「ちょっと脳みそのスイッチをゴジラに戻そうっと(^^)」
と言って、ゴジラの世界に入って行きます。

いったん世界に入ると、しばらくゴジラになりきってしまいます。
この空想の世界で遊ぶのが、本人にとってはかなり幸せな時間のようです。

脳みそのスイッチとは、面白い表現をするな〜。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
[PR]
by taitai-nikki | 2013-01-04 17:54 | 息子の感覚 | Comments(2)


2007年1月生まれの息子、おまめくんの成長日記です


by taitai-nikki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

この日記

2007年1月生まれのおまめくん。
小学校はいきなり不登校からのスタートとなりましたが、少しずつ前に進んでいます。
発達マイノリティのおまめくんの成長日記です。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の成長へ
にほんブログ村

カテゴリ

全体
日常
診断
就学準備
療育、活動
オススメ本
勉強会、講座など
思うこと
3歳までの息子
息子の感覚
支援グッズ
カウンセリング
保育園年長
不登校1年生
1年生
2年生
3年生
学習
すきなこと(音楽)
すきなこと(自然科学)
すきなこと(詩、写真など)
すきなこと(遊び、本)

最新の記事

ブログお引っ越しのお知らせ
at 2016-01-22 09:30
WISC4を受けました
at 2016-01-19 09:37
9歳になりました
at 2016-01-15 08:39
雪あそび
at 2016-01-11 13:20
新学期が始まりました
at 2016-01-07 14:14

以前の記事

2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月

フォロー中のブログ

mama's recipe
げんちゃんの発達障害プロ...
空と海からの贈りもの
みつけるくらし

検索

最新のコメント

鍵コメさんへ(Taiママ..
by taitai-nikki at 08:39
ももぞうさん、あけまして..
by Taiママ at 08:22
あけましておめでとうござ..
by ももぞう at 22:55
鍵コメさん お返事遅く..
by Taiママ at 19:52
ももぞうさんこんにちは^..
by Taiママ at 15:07
キャンプいいですね! ..
by ももぞう at 08:53
たくさん遊べて楽しく、い..
by Taiママ at 14:19
大人でも海は浮き輪がない..
by ane at 07:00
ももぞうさん、ありがとう..
by Taiママ at 13:08
おまめくんの夢、、心がポ..
by ももぞう at 14:57

ライフログ





画像一覧