2013年 06月 12日

共感覚があるらしい

共感覚とは

共感覚 - Wikipediaによると…
共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, synæsthesia)とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。

だそうですが…。

昨日はカウンセリングの日でした。
息子の様子や、音に対する過敏、音楽への関心などの話から、心理の先生が
『息子さんは音の共感覚があるのでは』と言われました。

共感覚って知らなかったんですけど、文字や音に色を感じたりすることらしいです。
共感覚は人間はみんな赤ちゃんの時にはあるものらしく、生きていくのに邪魔なので消えていくんだそうです。
でも稀に共感覚を持ったまま大人になる人もいるらしく。
例えば音の共感覚を持っていることで、音の刺激に弱かったり、集団に入れないことがあったりするらしいです。

共感覚自体は悪いものでも直るものでもないらしいですが、あることが分かれば、それを生かすこともできるし、苦痛を軽減するヒントにもなるとのことです。

共感覚を持っっていても、本人には当たり前の感覚なので、特にそれを変だとも思わないし、人に話すこともあまりないようです。

で、カウンセリングのあとに聞いて見ましたよ。

『◯◯くんって、音がすると色が見える?』
すると、
『見えるけどそれがなに?』
って答えが。

見えるんだ〜!

ちなみにどんな風に見えるのかと聞いてみたら、空気中に見えるのではなく、頭の中に色が浮かぶ感じなのだそうです目を開けていても見えるんだって。
音楽だけに見えるかと思いきや、人の話し声や物音というか、ありとあらゆる音に反応して見えるんだそうです。

息子にしてみたら、
『うっそ〜?みんな見えないの?』
と、かなり本気でビックリしてました。

なので綺麗な音のでる楽器を触ると心地よく、キラキラな世界に没頭するようですね。

それって大変じゃない…?
日常生活をおくるのもしんどそう…。

どんな感じか想像することしかできないけど、人が多いところには行きたくないっていうの分かる気がします。

これは自閉っ子の特徴かどうかは分からないらしいですが、自閉っ子で共感覚ある子は結構いるというお話しでした。

改めて、息子の頭の中を覗いてみたいような気もしたし、息子の生きづらさを改めて考えてしまいました。

いろいろ勉強になるカウンセリングです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


by taitai-nikki | 2013-06-12 16:01 | 息子の感覚 | Comments(6)
Commented by chisa at 2013-06-13 11:35 x
共感覚、聞いた事がありましたが、この記事を見るまで忘れてました。
昔、ニュースかドキュメンタリーかで見た記憶があります。
数字に色がついて見えたりする子もいるんですってね。
確かに、いや〜〜な色が見えたりすると、ものすごい恐怖でしょうね。
でも、奇麗な音でキラキラな景色が見えるのだとしたら、一緒に感じてみたいよね。
不思議だよね〜。

うちの子も小さい時、ものすごい聴覚過敏でしたが、今では随分と落ち着きました。
なんでだろ? と思っていたのですが、当時はなにかしら彼にも見えていたのかもしれません。
息子にも聞いてみたくなっちゃったな。

せっかくの特殊な能力、何か、いい方向に向けられたらいいのにね。

とても興味深い記事でした。ありがとう〜♪

その後、学校の対応はいかがですか?
こちらもいい方向に向かいますように!
Commented by taitai-nikki at 2013-06-13 18:03
chisaさん
こんばんは^_^
綺麗な色ならずっと見ていたくなるだろうし、嫌な色が広がっていたらその場所にいることが苦痛なのでしょうねえ。
息子も聞いて見たら見えるって答えたのでちょっとビックリしましたが、人がたくさんいる場所やうるさい場所だと頭を抱えてうずくまっていたりもするので、大変そうだなあ、と思いました。

chisaさんもぜひお子さんに聞いてみてください^_^
いまは聴覚過敏があまりないとのこと、良かったですね〜!

それにしても、何に活かせるかというとピンときませんが。
何か創造するとかクリエイティブな仕事には良さそうですけどね。そういう仕事ってなかなかつけないものだしなあ。

学校は、◯曜日の何時間目に来てくださいって感じで、息子のペースというか、状態には配慮されず、学校の都合で決められるので何だかなあ…です。
1学期はどうにならなさそうだけど、2学期からは息子がいけそうな日に行くことができるよう(っていうかこれ当たり前な気がするけど)、時間割をしっかり作っていただこうと思います。
Commented by くるちゃん at 2013-06-16 11:24 x
共感覚は、私的には、オーラが見える、、見たいなイメージでとらえています。私もそっち派なのでわかる気がします。

ASD的な共感覚で興味深い記事を書いている方がいます。
高校生のアスペ君のママですが、いろいろ試行錯誤され、勉強され、本当によくなされているなあと脱帽しています。
共感覚はうまく利用できると特技、利点になると思っています!
http://ameblo.jp/rira-gogohighschool/entry-11380010897.html



Commented by Taiママ at 2013-06-16 21:43 x
くるちゃんさん
そうそう、息子もオーラとかも見えるらしいんですよ。もともと発達障害分かる前から人の色が見えるとか言っていて。今日は何色?とかって聞いたりしております^ ^確かに共感覚ってそういう感覚でもありそうですよね。
私は全然見えないのですけどね。
せっかくそういうものを持っているなら、良い方向にいかせたらと思います。

ご紹介いただいブログ拝見しました〜!いろいろ勉強になりますね。もう少し大きくなった時のこととか、とても参考になりそうです。ありがとうございます(^^)
Commented by げんママ at 2013-06-19 01:54 x
共感覚というネーミング初めて聞きました。でも、さまざまな本で、そういう感覚がある子供たちがる、というのは読んでいました。

そのすごい感覚のばしてあげたいですね。
げんちゃんも、すぐイメージの世界にひたっているようですが、それに似た感じあるのかな~。

生きにくい。鈍感な方が生きやすいですよね。
Commented by Taiママ at 2013-06-19 07:26 x
おはようございます。
すごく不思議な感覚ですよねえ。脳の機能の問題らしいんですけどね。(音を感じると同時に色を感じる脳も反応するらしい)
ま、うちの子は脳派を測ったわけでもかく、自己申告によるものですが、嘘はついてないと思うので何か見えてるんでしょうね。

ほんと、いろんな物音や人の感情でいちいち反応していては生きづらいと思います。
なんか、せっかくなら生きづらさではなく利点として伸ばしてあげたいけど。

げんちゃんもイメージの世界、すごく広くて深いものを持っていますよね。何か違う世界を見ていそうなきがします。
げんちゃんの絵、これからも楽しみにしています♪
名前 :
URL :
削除用パスワード 


<< ランドセル事情      学校側の怠慢 >>